NEWS

米空軍、対地攻撃機 A-10 の退役を「無期限延期」へ。ダーイッシュ (IS) との戦闘が背景に

海外軍事
対地攻撃機 A-10 の退役問題について「無期限延期」が決定的となった。軍事ニュースサイト Defense One が国防総省関係者へおこなった取材で明らかになった。

また、空軍関係者によると、F-35 戦闘機へその役目を譲る必要があるものの、司令官からの要求は現在のところ棚上げされており、「即時お役御免」となることはなさそうだ。背景には、イラクやシリアで繰り広げられているダーイッシュ(IS, Islamic State, ISIS, ISIL) との戦闘がある。

関連記事:
米空軍、A-10 攻撃機 退役計画の後ろ倒しを検討。航空戦闘軍団の司令官が言及
1st Air Force female pilot in combat reflects on career
Lt. Col. Martha McSally stands with her A-10 Thunderbolt II aircraft. The colonel is the first female pilot in the Air Force to fly in combat and to serve as a squadron commander of a combat aviation squadron.
アリゾナ州選出のマーサ・マクサリー (Martha McSally) 下院議員は今回のニュースを受けて「我が軍の兵士にとって、また安全保障上においても A-10 攻撃機の重要性が改めて認識された」と歓迎の意向を表明している。マクサリー氏は、26 年に渡って空軍に従事した元・大佐で、戦時飛行した最初の女性パイロットでもある。

また、同州選出で同じく A-10 継続を強く提唱するジョン・マケイン (John McCain) 上院議員は、「今回のレポートは歓迎すべきものであり、空軍は 2017 年の会計年度を通じて A-10 を飛ばし続けることを決めた」「世界が混沌とした状態にあり、不安感が増している。適切な後継機が見当たらない中で、我が軍が保有する近接航空支援の最良機を引退させることは時期尚早であり支障を来す」と述べている。

Defense One 2016/01/13

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中
カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)
 伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中 (2017-02-21 13:47)
 カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ (2017-02-21 12:00)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop