サイレンサーコ社、近未来的デザインの試製9mmピストルを公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
サイレンサーコ社(SilencerCo)は、ラスベガスで開催されたSHOT Show 2016にて、サプレッサー内蔵型ピストル「マキシム9」を公開した。

近未来的なデザインで、SF映画に登場するかのような外観だが、まだこれは試作品であり、参加者は試射を許されず、同社の担当者によりデモンストレーションが行われた。

同社の営業担当者であるジェイソン・シャウブル氏は、「これは世界初のサプレッサー内蔵9mmピストルであり、どの9mm弾を使用してもヒアリング・セイフな(銃声で聴覚にダメージを与えない)銃だ」と述べている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    初めてマキシム9が一般に公開されたのは、昨年九月のことだったが、そこではバージョン1が展示された。しかし、今回展示されたのは、バージョン2である。同担当者によると、バージョン2の外観は実際に市場に出るモデルに最も近いという。

    試作品ということもあり、展示されたマキシム9のフレームは、3Dプリンターで成型されたものだった。
    S&W M&Pピストルをベースとしており、グロック17のマガジンが利用されている。また、サイトもグロックと互換性があり、セイフ・アクション・トリガーを装備するなど、S&W M&Pをベースにしているとはいえ、グロック色が濃いように窺える。
    スライドストップは、両側に配置されたアンビ設計であるため、左右どちらの手でも扱えるデザインだ。
    3.5インチ・バレルを装備しており、これは固定式のフィクスド・バレルとのことなので、命中精度の高さを期待させる。

    内蔵型サプレッサーは、同社のショットガン用サプレッサー「Salvo 12」や、「オスプレイ・マイクロ」と同様に、着脱バッフル方式を採用している。これにより、ユーザーの好みによってバッフルの数を減らし、全長を短縮させることも可能だ。また、将来的にはライトやレーザーサイトといった、アクセサリーが搭載できるよう開発が進められている。

    マキシム9が市場に登場する時期はまだ未定だが、今年中を予定している模様。価格は、1,500~2,000ドル(約177,500~236,600円)になると予想されている。

    SSD 2016/01/19
    Military.com 2016/01/19
    Text: ポル - FM201601

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』
    スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画
    イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
    ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催
    7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    オーストラリアの高速道路で定期警ら中の警察官が車輌捜索し、ナチス・ドイツ時代の『MP40』を押収
     「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』 (2017-06-23 19:57)
     スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画 (2017-06-22 18:39)
     イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定 (2017-06-22 15:18)
     ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催 (2017-06-20 14:36)
     7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2017-06-20 13:32)
     オーストラリアの高速道路で定期警ら中の警察官が車輌捜索し、ナチス・ドイツ時代の『MP40』を押収 (2017-06-19 18:51)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop