バジャーオードナンス社がM134ボルトアクション・ライフルをリリース

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
アメリカのバジャーオードナンス社は、M134コンパクト・プレシジョン・ライフルをリリースした。
銃身長は14.5インチまたは16インチから選択でき、バートライン・バレル社が提供するミディアム・パーマ・バレルが使用されている。

そしてストックは、マナーズ・コンポジット・ストック社が製造したカーボン・ファイバー製のカスタム・ビルドだ。エクステンダブル・ストック・システムにより、バッドプレートを7段階に伸縮可能となっている。

4143スチールのアクションが使用されており、硬化処理されたボルトには6つのラグが用意され、ブリーチを確実に閉鎖する。また、アキュラシー・インターナショナルAWライフルで使用される装弾数10発のボックスマガジンが付属している。

M134ライフルはアクセサリー用レイルを標準装備しているため、ユーザーが自らレイルを用意したり加工の必要はない。ライフルを購入後、スコープや暗視機器といったアクセサリーを搭載すれば完成だ。

アクションに備わったスコープ・マウント用レイルは、削り出しのアクションの一部であるため、リコイルによりマウントベースのネジが緩むといった心配もない。

価格は未定だが、2016年7~9月頃に市場に登場する予定だ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    また、バジャーオードナンス社はYoutubeの同社公式チャンネルにM134ライフルのCM動画を公開した。
    しかし、動画の内容が「二人の男が市街地でM134ライフルを使用した狙撃を遂行する」というショッキングなストーリーであることから、犯罪を助長するCMと受け取られかねないかと危惧する声が一部にあるようだ。

    TFB 2016/01/27
    Text: ポル - FM201602

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    各種タクティカル製品で知られるブランド「US PALM」が解散
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
     各種タクティカル製品で知られるブランド「US PALM」が解散 (2017-08-22 14:24)
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)
     サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売 (2017-08-21 21:26)
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop