バジャーオードナンス社がM134ボルトアクション・ライフルをリリース

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
アメリカのバジャーオードナンス社は、M134コンパクト・プレシジョン・ライフルをリリースした。
銃身長は14.5インチまたは16インチから選択でき、バートライン・バレル社が提供するミディアム・パーマ・バレルが使用されている。

そしてストックは、マナーズ・コンポジット・ストック社が製造したカーボン・ファイバー製のカスタム・ビルドだ。エクステンダブル・ストック・システムにより、バッドプレートを7段階に伸縮可能となっている。

4143スチールのアクションが使用されており、硬化処理されたボルトには6つのラグが用意され、ブリーチを確実に閉鎖する。また、アキュラシー・インターナショナルAWライフルで使用される装弾数10発のボックスマガジンが付属している。

M134ライフルはアクセサリー用レイルを標準装備しているため、ユーザーが自らレイルを用意したり加工の必要はない。ライフルを購入後、スコープや暗視機器といったアクセサリーを搭載すれば完成だ。

アクションに備わったスコープ・マウント用レイルは、削り出しのアクションの一部であるため、リコイルによりマウントベースのネジが緩むといった心配もない。

価格は未定だが、2016年7~9月頃に市場に登場する予定だ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    また、バジャーオードナンス社はYoutubeの同社公式チャンネルにM134ライフルのCM動画を公開した。
    しかし、動画の内容が「二人の男が市街地でM134ライフルを使用した狙撃を遂行する」というショッキングなストーリーであることから、犯罪を助長するCMと受け取られかねないかと危惧する声が一部にあるようだ。

    TFB 2016/01/27
    Text: ポル - FM201602

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開
    ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
     弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開 (2017-12-14 17:35)
     ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中 (2017-12-14 14:04)
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop