NEWS

イスラエルがハマスの新型「スーパー戦車」に重大な欠陥を指摘

海外軍事

#شاهد كيف دخلت دبابة كتائب القسام التي يعتليها أبو عبيدة إلى ساحة مهرجان تأبين شهداء النفق السبعة في قطاع غزة اليوم.

Posted by ‎شبكة قدس الإخبارية‎ on 2016年1月31日
エルサレム・ニュースネットワーク (Quds News Network) は、アラビア語版の公式 FaceBook を通じて、ハマス (HAMAS: Harakat al-Mukawamat al-Islamiya) の軍事部門「エゼディン・アル・カッサム旅団 (Izz ad-Din al-Qassam Brigades) 」のパレードを収めた映像を公開した。

映像にはイスラエル製メルカバ戦車らしき戦車の姿が映し出されており、当初は鹵獲 (ろかく) の疑いが持たれていた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    しかし、別角度で撮影された写真や映像からは、車体の下部に不可解なタイヤが見え、履帯 (いわゆる「キャタピラ」) による移動ではないことが確認できた。その為、ホンモノでは無いことが判明した。

    ハマスとイスラエルにおける積年の関係図からも、イスラエル国防軍 (IDF) をはじめ、厳しい管理下にあり、本物を入手することは極めて困難。その後の調査で、映画の撮影道具として使われていたものではないかと考えられている


    この件について、ベンヤミン・ネタニヤフ首相の下で報道官を務めるオフィア・ゲンデルマン (Ofir Gendelman) 氏は公式 Twitter の中で、「ハマスが先日、イスラエルから鹵獲した "リビルト" の戦車でパレードをおこなった。参考までに、(一般的に) 戦車は「木製」では無く、またホイールに乗せて走行するものではありません」とコメント。併せて不可解なタイヤを図示し、皮肉交じりに伝えている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop