NEWS

ドイツ軍、特殊部隊向けにヘーネル (Haenel) 社製スナイパーライフル「RS9」を「G29」として選定

海外軍事
ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) が、特殊部隊スナイパー向けの新たな精密火器に、同国ヘーネル社 (C.G. Haenel GmbH) 製の .338 Lapua Magnum (8.6 x 70mm) 弾を使用するボルトアクション式スナイパーライフル「RS9」を「G29」として選定した。調達予算は 229 万ユーロ (=約 2.9 億円) と見込まれている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    テューリンゲン州のハーネル社は、1840 年創業したハンティング用途、精密射撃ライフルを手掛けるメーカー。今回の調達に向けた動きは、2014 年 2 月末から始まっていたもので、計 124 挺の G29 の調達が求められていた。

    選定に当たっては、2014 年に 5 挺、2015 年に追加で 4 挺の計 9 挺がトライアル目的でデリバリーされており、残り 115 挺は今年度中にもデリバリーされる。また、G29 に装着させるドイツ シュタイナー (Steiner) 製の 5-25x56 軍用ライフルスコープと、スイス ブリュッガー&トーメ (Brügger & Thomet) 製のサプレッサーが付属することになっており、これらも近い内に部隊へ送られる。

    G29 はドイツ連邦軍にとって .338 ラプア・マグナム弾を使用する初めての事例となり、陸軍特殊部隊 KSK (Kommando Spezialkräfte) と、海軍 KSM (Kommando Spezialkräfte Marine) へ向けてデリバリーされる。

    Altair 2016/02/17

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が所有するコルトM1911/M1911A1×約10万丁を完全放出する法案が下院を通過
    トヨタ製ランドクルーザーをベースに改良されたジャンケル「フォックス」がベルギー国家記念日パレードで展示
    イラク・モースル奪還作戦の裏側で「女装」して逃げ惑うダーイシュ(IS)戦闘員
    米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ
    米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか
    H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が所有するコルトM1911/M1911A1×約10万丁を完全放出する法案が下院を通過 (2017-07-24 18:55)
     トヨタ製ランドクルーザーをベースに改良されたジャンケル「フォックス」がベルギー国家記念日パレードで展示 (2017-07-24 13:57)
     イラク・モースル奪還作戦の裏側で「女装」して逃げ惑うダーイシュ(IS)戦闘員 (2017-07-24 13:04)
     米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ (2017-07-21 15:25)
     米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか (2017-07-21 13:15)
     H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上 (2017-07-20 18:57)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop