NEWS

ドイツ軍、特殊部隊向けにヘーネル (Haenel) 社製スナイパーライフル「RS9」を「G29」として選定

海外軍事
ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) が、特殊部隊スナイパー向けの新たな精密火器に、同国ヘーネル社 (C.G. Haenel GmbH) 製の .338 Lapua Magnum (8.6 x 70mm) 弾を使用するボルトアクション式スナイパーライフル「RS9」を「G29」として選定した。調達予算は 229 万ユーロ (=約 2.9 億円) と見込まれている。
テューリンゲン州のハーネル社は、1840 年創業したハンティング用途、精密射撃ライフルを手掛けるメーカー。今回の調達に向けた動きは、2014 年 2 月末から始まっていたもので、計 124 挺の G29 の調達が求められていた。

選定に当たっては、2014 年に 5 挺、2015 年に追加で 4 挺の計 9 挺がトライアル目的でデリバリーされており、残り 115 挺は今年度中にもデリバリーされる。また、G29 に装着させるドイツ シュタイナー (Steiner) 製の 5-25x56 軍用ライフルスコープと、スイス ブリュッガー&トーメ (Brügger & Thomet) 製のサプレッサーが付属することになっており、これらも近い内に部隊へ送られる。

G29 はドイツ連邦軍にとって .338 ラプア・マグナム弾を使用する初めての事例となり、陸軍特殊部隊 KSK (Kommando Spezialkräfte) と、海軍 KSM (Kommando Spezialkräfte Marine) へ向けてデリバリーされる。

Altair 2016/02/17

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か
ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定
アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
 アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か (2017-04-20 13:24)
 ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定 (2017-04-20 12:33)
 アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開 (2017-04-19 17:56)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop