NEWS

ドイツ軍、特殊部隊向けにヘーネル (Haenel) 社製スナイパーライフル「RS9」を「G29」として選定

海外軍事 Comments(0)
ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) が、特殊部隊スナイパー向けの新たな精密火器に、同国ヘーネル社 (C.G. Haenel GmbH) 製の .338 Lapua Magnum (8.6 x 70mm) 弾を使用するボルトアクション式スナイパーライフル「RS9」を「G29」として選定した。調達予算は 229 万ユーロ (=約 2.9 億円) と見込まれている。
テューリンゲン州のハーネル社は、1840 年創業したハンティング用途、精密射撃ライフルを手掛けるメーカー。今回の調達に向けた動きは、2014 年 2 月末から始まっていたもので、計 124 挺の G29 の調達が求められていた。

選定に当たっては、2014 年に 5 挺、2015 年に追加で 4 挺の計 9 挺がトライアル目的でデリバリーされており、残り 115 挺は今年度中にもデリバリーされる。また、G29 に装着させるドイツ シュタイナー (Steiner) 製の 5-25x56 軍用ライフルスコープと、スイス ブリュッガー&トーメ (Brügger & Thomet) 製のサプレッサーが付属することになっており、これらも近い内に部隊へ送られる。

G29 はドイツ連邦軍にとって .338 ラプア・マグナム弾を使用する初めての事例となり、陸軍特殊部隊 KSK (Kommando Spezialkräfte) と、海軍 KSM (Kommando Spezialkräfte Marine) へ向けてデリバリーされる。

Altair 2016/02/17

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop