NEWS

重量 70 トンの巨漢「M1A1 戦車」や水陸両用車「AAV」がアイスバーンで豪快なドリフト走行

海外軍事
米海兵隊 欧州・アフリカ (USMCFE: U.S. Marine Corps Forces Europe and Africa) は、ノルウェーで開催される NATO の隔年軍事演習「コールド・レスポンス (Cold Response) 」に向けておこなった、M1 戦車と AAV7 水陸両用車のドリフト映像を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ノルウェー陸軍テレマーク (Telemark) 大隊のインストラクターが、米海兵隊の両車輌クルーに対してアイスバーンにおける走行とドリフト技術を手解き。重量 70 トンにも及ぶ巨漢、M1 戦車や AAV 車両がダイナミックにドリフトを決めている。普段あまり見掛ける事の無いその姿から話題を集め、これら映像は各所で拡散されている。

    コールド・レスポンスは、ノルウェー主導でおこなわれ、14 ヶ国から 15,000 名以上の兵士が冬季環境下での訓練に励むために集まっている。

    USMCFE via DVIDS 2016/02/16

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査
    『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける
    夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)
     初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査 (2018-05-17 13:26)
     『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける (2018-05-16 16:23)
     夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』 (2018-05-16 12:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop