NEWS

重量 70 トンの巨漢「M1A1 戦車」や水陸両用車「AAV」がアイスバーンで豪快なドリフト走行

海外軍事
米海兵隊 欧州・アフリカ (USMCFE: U.S. Marine Corps Forces Europe and Africa) は、ノルウェーで開催される NATO の隔年軍事演習「コールド・レスポンス (Cold Response) 」に向けておこなった、M1 戦車と AAV7 水陸両用車のドリフト映像を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ノルウェー陸軍テレマーク (Telemark) 大隊のインストラクターが、米海兵隊の両車輌クルーに対してアイスバーンにおける走行とドリフト技術を手解き。重量 70 トンにも及ぶ巨漢、M1 戦車や AAV 車両がダイナミックにドリフトを決めている。普段あまり見掛ける事の無いその姿から話題を集め、これら映像は各所で拡散されている。

    コールド・レスポンスは、ノルウェー主導でおこなわれ、14 ヶ国から 15,000 名以上の兵士が冬季環境下での訓練に励むために集まっている。

    USMCFE via DVIDS 2016/02/16

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop