NEWS

チェチェン大統領、秘密裏に「最高の戦士」をシリアへ派遣。ダーイッシュ (IS) 内部へ潜入し情報取得に言及

海外軍事
ロシア連邦国営テレビ局 チャンネル1はロシア連邦 チェチェン共和国の特殊部隊を取材した際に同共和国の最高指導者 ラムザン・カディロフ大統領にインタビューを行った。このインタビューの中で、チェチェン共和国の“最高の戦士”がシリアに秘密裏に派遣されたと発言した。


Ramzan Akhmadovich Kadyrov (Рамза́н Ахма́дович Кады́ров) / Wikipedia commons
カディロフ大統領曰く、チェチェンの情報機関員がISIS(イラク・シャームのイスラム国)の戦闘員として扮し、ISIS内部に潜入し情報取得を行っていると答えてる。チャンネル1の記者は「ロシアにおける空爆の成功の影で、自らの生活を犠牲にしている人」と紹介している。
この発言に対し、ドミトリイ・ペスコフ大統領報道官はカディロフ大統領の発言に対する確認を拒否すると記者団に語っており、ロシア指導部とカディロフ大統領の認識の差が剥離していることを明確に示した事例とも言える。

現在ロシア連邦軍はシリア内戦においてシリア政府軍を支援し、反政府勢力及びISILに空爆作戦を行っているだけであり、地上部隊を派遣していることは認めていない。地上部隊はシリアのフメイミム空軍基地の警護についているに過ぎないとしているが、シリア政府軍の戦闘訓練や最前線における戦闘行為疑惑が浮上しており、このカディロフ大統領の発言の火消しに躍起になっていると言える。

なおカディロフ大統領は、昨年に自身の子飼いの部隊をシリアに派兵したいことを発言しており、今回のISIL騒乱においてチェチェン主導の作戦行動を取ろうと考えているようではある。

Russia-1 TV Channel 2016/02
チェチェン大統領、シリアへの歩兵の派兵許可を乞う / Sputnik
Text: WT83 - FM201602

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop