NEWS

「Astra Linux」OS を搭載したロシアの軍用ノートパソコンの生産が開始に

海外軍事

Photo: via Rostec
ロシアの国営ハイテク工業製品開発・生産・輸出企業「ロステック」は傘下の企業の一つである「United Instrument Manufacturing Corporation」が耐環境性能・防塵・防滴性能をサイバー攻撃耐性を兼ね備えた軍事用ノートパソコンの生産を開始すると公式HPにて発表した。このノートパソコンは戦闘任務や作戦指揮のために開発されたものであるという。

この軍事用ノートパソコンの仕様は、OSはロシアの国防省や情報機関のニーズで開発されたAstra Linuxを用いており、ビデオ会議にも対応するアプリケーションソフトを組み込んでいる。その他にもGPS / GLONASS 受信機・VGA・HDMI インターフェイス・Wi-Fiモジュール USB3.0ハブ 4ポート内蔵している。CPUは第6世代プロセッサーとされ、クロック周波数は3.5GHzである。内蔵バッテリーの駆動時間は8時間。

この軍事用ノートパソコンを開発した背景には、過酷な戦場において従来のコンピューターが安定して動作できないことがあった。この軍事用ノートパソコンは-40℃〜50℃の温度や極端な状況下においてもトラブルのない動作を保証するものである。と同社副局長は豪語している。この軍事ノートパソコンの生産は、今年の第2四半期の予定である。デジタル通信機器等に使用されていたノートブックはこの新たな軍事用ノートパソコンに置き換えられていく予定であるという。
GRUスペツナズがUAVの航空管制にPanasonic Toughbookを用いている動画
現在ロシア連邦軍において、UAVの航空管制としてPanasonic Toughbook が多数運用されている。Panasonic Toughbookはその名の通り、極限環境でも動作するフィールドワーク向けノートパソコンであり、そのタフネスさは米軍のみならず世界中の軍隊で愛用されている。東部ウクライナにおける西側の経済制裁を受け、近年のロシアで工業製品の国産回帰の傾向があるため、何時までもフィールドワーク向けノートパソコンをPanasonic Toughbookに頼るわけにはいかない危機感が、この独自の軍事用ノートパソコンの開発生産させた動機ではないかと推測するものである。

関連記事:
パナソニック「タフブック19」が、より直感的なパッド操作を実現

Rostec 2016/02/16
Panasonic Toughbook
Text: WT83 - FM201602

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop