NEWS

「2/27 は特殊作戦軍の日」。ロシア国防省が公式トレーラーとアルバムを公開

海外軍事
ロシア国防省はYouTubeにおける公式チャンネルにて「2月27日は特殊作戦軍の日」と題した動画を公開した。またロシア国防省公式FBページにも「27 февраля — День Сил специальных операций」という専用のアルバムを作成している。

特殊作戦軍とはロシア参謀本部直轄の特殊部隊であり、2013年に突如としてその設立が発表された新しい部隊である。特殊作戦軍は設立から1年後に発生したクリミア半島制圧作戦に参戦したことが判明している。

また同作戦においても多数のロシア連邦軍兵士がクリミア半島に送り込まれており、この制圧作戦時に地元住民に対して礼儀正しく行動したことで、「礼儀正しい人達」と呼称され、ロシア連邦軍の新たなシンボルとして認知されたことを受け、当初は「2月27日は礼儀正しい人の日」となるはずであった。

しかし設立間もない特殊作戦軍が多大な貢献をしたこともあり、その活動を祝する意味でも「特殊作戦軍の日」として改められたようではある。ただロシア側ではクリミア半島制圧作戦における「礼儀正しい人」と特殊作戦軍の活動を祝する日として認知されているようではある。そして2015年にプーチン大統領により「2月27日は特殊作戦軍の日」は祝日であることが承認された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今回公開された動画では、ナイトビジョンを装着しての夜間空挺降下、高高度降下低高度開傘(英: High Altitude Low Opening, HALO(ヘイロウ)にて自由落下、海面への空挺降下後潜水し水中破壊工作を行う演習、近年ロシアが影響力を誇示している北極圏での作戦行動演習等、これまでのロシア連邦軍の部隊とは違うことを見せつけているのが特徴である。

    関連記事:
    「10月24日は特殊任務部隊 (Spetsnaz) の日」、ロシア国防省がトレーラーを公開

    Минобороны России 2016/02/27
    Text: WT83 - FM201603

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回
    米海兵隊の実験部隊(RSTAC)によるスナイパー実地演習映像
    ドイツの警察部隊がシグ・サワー社の「MCX」ライフル×数百挺を発注。MP5からのリプレイスが緩やかに前進
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)
     UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回 (2017-10-16 13:17)
     米海兵隊の実験部隊(RSTAC)によるスナイパー実地演習映像 (2017-10-13 13:26)
     ドイツの警察部隊がシグ・サワー社の「MCX」ライフル×数百挺を発注。MP5からのリプレイスが緩やかに前進 (2017-10-13 12:28)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop