NEWS

オーストラリア軍特殊部隊によるカウンターテロ訓練を首相・国防大臣が視察

海外軍事
オーストラリアのマルコム・ターンブル (Malcolm Turnbull) 首相とマライズ・ペイン (Marise Payne) 国防大臣が、テロ事案の発生に際して対処に当たる特殊作戦コマンドの隊員による訓練展示を視察。その際の様子の一部を収めた映像が国防省・陸軍のチャンネルを通じて公開された。

Counter Terrorism Video

Prime Minister Malcolm Turnbull and Minister for Defence Marise Payne watched Australian Army Special Forces in action during a Special Operations Command counter-terrorism capability demonstration at Holsworthy Barracks on 29 March 2016. The demonstration included siege scenarios where soldiers stormed buildings by air and foot, a showcase of the precision drills and tactics used during a building assault and also static displays of Defence specialist equipment.

Australian Armyさんの投稿 2016年3月29日
カウンターテロの対処能力を示すこの訓練は、3 月 29 日にオーストラリア東南部 ニューサウスウェールズ州にある陸軍のホルズワージー軍事空港 (Holsworthy Barracks) を舞台におこなわれた。

テロ事案発生に伴い、全身を近代的な装備に身を包んだ特殊部隊員が、陸上では車両を、また上空からはヘリコプターを使って現場に急行し、テロリストにより占拠された建物を包囲、襲撃するというシナリオとなっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    オーストラリア軍特殊作戦コマンドは、陸・海・空 各軍に所属する多くのスペシャリストらにより構成されており、国内外のカウンターテロ活動について世界クラスの対処能力を提供している。

    特殊作戦コマンドを構成する各ユニットは以下の通り。

    Australian Special Operations Command
    * Special Operations Headquarters
    * Special Air Service Regiment (SASR)
    * 1st Commando Regiment
    * 2nd Commando Regiment
    * Special Operations Engineer Regiment
    * Special Operations Logistics Squadron
    * Special Forces Training Centre
    * Parachute Training School

    Australian DoD 2016/03/29

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop