台湾エアソフトメーカー LCT、2017 年新商品に「PKP」ペチェネグ機関銃の発売を予定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Image: LCT Airsoft PKP


Image: LCT Airsoft PKP
台湾メーカーの LCT Airsoft が、2017 年の新商品に PKP 機関銃の図面を公開した。図面からは電動ガンでのモデル化が示されている。現用ロシア軍装備に嬉しい PKP 機関銃のエアソフトモデルは初めて。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: 7,62-мм пулемёт ПКП «Печенег» / Wikimedia Commons
    PKP は「Pulemyot Kalashnikova Pecheneg (カラシニコフ式マシンガン・ペチェネグ) 」から来る略称で、シンプルに「ペチェネグ (Pecheneg or Petcheneg) 」の名でも知られる 7.62x54mm 弾を使う軽機関銃。製造は中央精密機械建造研究所 (TsnIITochMash)。


    Image: Capture screen via TsnIITochMash
    ネーミングにもある「ペチェネグ」とは、8 世紀から 9 世紀に掛けてカスピ海北岸一帯で形成された「テュルク系」部族・遊牧民 (突厥 (とっけつ) ) の連合に由来している。

    PKP は、アフガニスタンやロシア国内での地域紛争、チェチェンでの経験を踏まえて生み出された。特徴的なバレルについては、スタンダード PKM よりもヘビーな造りとなっており、銃身側に冷却フィンを備えている。発射ガスを利用して銃身とシュラウド (被筒) の間の空気を入れ替えることによって冷却性能を向上させ、従来の PKM と比べて飛躍的に連続発射数の向上を導き出している。

    実銃では以下のバリエーション展開が存在する。

    Pecheneg-N: ナイトビジョン対応モデル
    Pecheneg 2: 改良版モデル
    Pecheneg Bullpup: Zenit 社によるカスタムモデル


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    【PR】7/24(月)開催!カギッキ氏の「第2回ベーシックタクトレ現地版」参加者募集中
    バーストヘッド主催ミリタリー物販イベント、第2回「爆裂祭」が10月1日(日)に東京・池袋で開催
    実寸大のMH-60ブラックホークがあるサバゲーフィールド「Airsoft Zone Delta」が千葉にオープン
    弾倉など各種アイテムを素早く保持できるファーストスピアの「MultiMag Rapid-Adjustポケット」
    サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開
    「TANK2.0」サバイバルゲームを楽しむ「進行性の難病」を抱える青年、サイモン・ジェームソンの挑戦
     【PR】7/24(月)開催!カギッキ氏の「第2回ベーシックタクトレ現地版」参加者募集中 (2017-07-19 20:14)
     バーストヘッド主催ミリタリー物販イベント、第2回「爆裂祭」が10月1日(日)に東京・池袋で開催 (2017-07-14 19:24)
     実寸大のMH-60ブラックホークがあるサバゲーフィールド「Airsoft Zone Delta」が千葉にオープン (2017-07-13 12:48)
     弾倉など各種アイテムを素早く保持できるファーストスピアの「MultiMag Rapid-Adjustポケット」 (2017-07-12 15:59)
     サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開 (2017-07-11 12:11)
     「TANK2.0」サバイバルゲームを楽しむ「進行性の難病」を抱える青年、サイモン・ジェームソンの挑戦 (2017-07-10 16:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop