NEWS

戦場から政治の世界へ、元 SEAL 隊員 3 名が選挙に当選

海外軍事 Comments(0)

Photo: Eric Greitens (L), Ryan Zinke (C), Scott Taylor (R)
米海軍コミュニティは、先の火曜日に行われた選挙で、シールズ隊員から3名の政治家が誕生したと発表した。

Photo: Former Navy SEALs Eric Greitens via Rubenstein Public Relations
元潜水士で共和党のエリック・グリテンズ (Eric Greitens) は、全米ライフル協会の支援を受けていた民主党のクリス・コースターを破ってミズーリ州知事となった。


Photo: Former ST6 Ryan Zinke via his official website
モンタナ州選出の下院議員となったライアン・ジンク (Ryan Zinke) は、民主党のデニズ・ジュノーを57パーセントの得票で降した。ライアンは、23年間シールズに所属した後、海軍特殊部隊課程の責任者として勤務した。


Photo: Fomer SEALs Sniper Scott Taylor
最後のシールズ議員は、共和党のスコット・テイラー (Scott Taylor) (37)である。彼は、8年間シールズスナイパーとして、イラク・アフガンで活動し、帰国後は、特殊作戦教育基金のスタッフとして勤務した。

Text: 友清仁 - FM201611

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop