NEWS

第9回米陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会で第3特殊部隊グループが2年連続の優勝

海外軍事

Photo Credit: USAJFKSWCS
米陸軍ジョン・F・ケネディ特殊作戦センター・学校と高等特殊作戦センター・特殊部隊スナイパー課程幹部の主催による、第9回年次陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会が3月20日から24日の会期で開催された。
ホスト国である米国の他、ドイツ、アイルランド、フランス、オランダ、イタリアから軍・法執行機関、特殊部隊に所属する腕利きのスナイパーらが集結。参加者は2人1組のチームを組み、ストレス下での射撃、移動標的、夜間行動、長距離射撃など、延べ20に及ぶ競技に取り組んだ。


Photo Credit: USAJFKSWCS


Photo Credit: USAJFKSWCS



Photo Credit: USAJFKSWCS
5日間に渡って繰り広げられた結果、米陸軍第3特殊部隊グループ(空挺)のチームが、優勝の栄冠を持ち帰った。陸軍第3特殊部隊グループの優勝は2年連続となる。

関連記事:
国際スナイパー競技会で「グリーンベレー」勢が表彰台独占&「アーバン・アサルト・チャレンジ」が初開催

勝利の報告を示した第3特殊部隊グループによると、本競技会は、特殊部隊スナイパー課程のインストラクターにより設計されており、他のスナイパー競技会と違い、毎年競技内容が変わるという。

また、幾つかの例外規定が存在するものの、基本的に米軍からの参加者の場合、陸軍特殊作戦司令部隷下にある部隊であり、スナイパー過程の修了者でなければならないとのこと。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop