NEWS

第9回米陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会で第3特殊部隊グループが2年連続の優勝

海外軍事

Photo Credit: USAJFKSWCS
米陸軍ジョン・F・ケネディ特殊作戦センター・学校と高等特殊作戦センター・特殊部隊スナイパー課程幹部の主催による、第9回年次陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会が3月20日から24日の会期で開催された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ホスト国である米国の他、ドイツ、アイルランド、フランス、オランダ、イタリアから軍・法執行機関、特殊部隊に所属する腕利きのスナイパーらが集結。参加者は2人1組のチームを組み、ストレス下での射撃、移動標的、夜間行動、長距離射撃など、延べ20に及ぶ競技に取り組んだ。


    Photo Credit: USAJFKSWCS


    Photo Credit: USAJFKSWCS



    Photo Credit: USAJFKSWCS
    5日間に渡って繰り広げられた結果、米陸軍第3特殊部隊グループ(空挺)のチームが、優勝の栄冠を持ち帰った。陸軍第3特殊部隊グループの優勝は2年連続となる。

    関連記事:
    国際スナイパー競技会で「グリーンベレー」勢が表彰台独占&「アーバン・アサルト・チャレンジ」が初開催

    勝利の報告を示した第3特殊部隊グループによると、本競技会は、特殊部隊スナイパー課程のインストラクターにより設計されており、他のスナイパー競技会と違い、毎年競技内容が変わるという。

    また、幾つかの例外規定が存在するものの、基本的に米軍からの参加者の場合、陸軍特殊作戦司令部隷下にある部隊であり、スナイパー過程の修了者でなければならないとのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop