NEWS

2年間でダーイッシュ(IS)戦闘員321名を排除した熟練の「シルバー・スナイパー」

海外軍事 Comments(0)
イラク北部の主要都市、モースルのチグリス川西岸において地上作戦の本格化が進む中、同陸軍 第1特殊作戦旅団 第1コマンド大隊の「ゴールデン・ディヴィジョン (Golden Division) (ex-Golden Brigade, 前「黄金旅団」) 」と共にダーイッシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIL,ISIS)討伐作戦に参加している1人の熟練狙撃手の戦果が再びクローズアップされている。

関連記事:
全身黒のコンバットウェアに「スカルマスク」がトレードマークのイラク陸軍特殊部隊「ゴールデンディヴィジョン」
「白銀の狙撃手(Silver Sniper)」として恐れられているその志願スナイパーの名は、アブ・タウシェーン(Abu Tahseen)氏(63歳)。ダーイッシュの支配から母国を解放し、自由のために戦っている。

タウシェーン氏は、今回のダーイッシュとの戦いを含め、今までに第四次中東戦争(ヨム・キプール・ウォー)、イラン・イラク戦争、クウェート侵攻、湾岸戦争と5つの戦争を経験し、生き抜いてきた古強者(ふるつわもの)。


Photo from Steyr Arms, Inc.
タウシェーン氏は、イラクの武装民兵組織「PMU (Popular Mobilization Forces/Units/Committee (PMF or PMC) ) 」のメンバーと共に、「ダーイッシュ狩り」をはじめ、2015年に50口径の大型ライフル「シュタイアー(Steyr)HS .50」を入手して以来、現在までに実に累計321名もの敵戦闘員を葬ったという。

タウシェーン氏の戦果は、昨年の春にも大手メディア各社が取り上げており、その時は173名を葬ったことが報じられている。つまり、この1年ほどの間に150名近くを上乗せしている計算となる。これは月平均で10名以上、3日に1名のハイペースとなる。

タウシェーン氏は、ダーイッシュ討伐の為にシリアで展開中のロシアのコマンド部隊とも連携していたことから、そこで射撃を学んでいたようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop