AimLock社が一般向けに手ブレ補正ライフル「AimLock MRR」を公開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
先日、米軍が研究開発を進めている手ブレ補正ライフル「AimLock」についてミリブロNewsで紹介したが、これを軍と共同開発しているAimLock社が一般向け製品として「AimLock MRR(Medium Range Rifle……中射程ライフル)」を公開している。

アメリカ軍が開発中の小火器用手ブレ補正システム「Aimlock」 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AimLock社は同名の手ブレ補正システムを軍と共同開発していたRocky Mountain Scientific Lab社からスピンオフした企業。軍事技術開発・研究を行う企業や研究機関のコミュニティである防衛火器技術コンソーシアム(DOTC)の「非伝統的軍納入業者による功績」賞、つまりは「新人賞」を受賞するなどAimLockシステムは大きな注目を集めているようだ。

    AimLockは機関部をアクチュエーターによって浮かし、振動を打ち消す手ブレ補正システムである。機関部全体はキャリッジに収められており、手ブレ補正後の狙点を計算して投影する電子式照準器を使って照準、射撃を行う。

    アクチュエーターを使用したアクティブな補正システムなので、ジャイロなどの情報を使用して手ブレを打ち消すだけでなく、ある程度自由に銃身の角度を変化させ、まるでゲームのような「自動照準」を行うことも可能だ。

    プロトタイプはいくつかあり、形状も様々。ブルパップタイプのものもあれば、コンベンショナルな配置のものもある。こちらのプロトタイプはブルパップ配置のもの。

    ARプラットフォームであれば比較的自由に載せ替えが効くようで5.56mmのものだけではなくAR-10の機関部を使用した7.62mm使用のAimLockも存在するようだ。銃身長も自由に選択できる。販売時期や価格については未定。SF感あふれる面白いシステムではないだろうか。

    Source: AimLock Team Receives DOTC-NAC Award | AimLock Inc. - Home
    The U.S. Army Is Testing Aim-Stabilized Weapons

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201702
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop