NEWS

米陸軍が特殊作戦用途の新型戦術車輌『GMV 1.1』の空挺降下を試験中

海外軍事 Comments(0)

Photo from General Dynamics Ordnance and Tactical Systems.
This photo is for illustration purposes only.
米陸軍は6日、運用試験司令部(USAOTC: U.S. Army Operational Test Command)の空挺・特殊作戦試験局(ABNSOTD: Airborne and Special Operations Test Directorate)による地上機動車輌『GMV 1.1(Ground Mobility Vehicle 1.1)』の低速度降下(low-velocity airdrops)試験の実施を発表した。

関連記事:
米海軍特殊作戦司令部が空中輸送可能な戦術車輌「フライヤー60」を多用途任務に向けて評価中

Photo from General Dynamics Ordnance and Tactical Systems.
This photo is for illustration purposes only.
GMV 1.1は、CH-47チヌークをはじめ、空軍C-130ハーキュリーズ、C-17グローブマスターIIIといった輸送機での空輸を可能とした設計となっており、特殊作戦に従事する精鋭兵士らに向けて、市街地・非市街地環境の両方における「戦術機動力」の提供に期待されている。

試験では6回の空挺降下を実施する見込み。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop