NEWS

インド系米国人の技術企業が特殊部隊向け「プレッシャー・ゼロ・タイヤ」でSOFIC中小企業チーム賞を授賞

海外軍事

Photo from Google Patents
米オハイオ州アクロンに本社を置くアメリカン・エンジニアリング・グループ(AEG: American Engineering Group)が、今年5月にフロリダ州タンパで開催された特殊作戦部隊産業会議「SOFIC(SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference)2017」において、同社の提案している「プレッシャー・ゼロ・タイヤ(PZT: Pressure Zero Tire)」が、「中小企業チーム賞(Small Business Team Award)」を獲得したことが分かった。米国のタイヤ業界専門ニュース「トラクション(Traction)」が取り上げている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    中小企業チーム賞は、革新技術の分野で最高のパフォーマンスを発揮する研究開発・製品に対して認定するもの。米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)が同賞を授与するのは今年で2回目となる。

    PZTは、「特殊作戦に従事するオペレーターが操縦するヴィークルのタイヤ技術向上」をメインテーマとして、「中小企業技術革新制度(SBIR: Small Business Innovation Research)フェーズII」と題して選出されている。オフロード環境下での高い機動性能と、路面や弾道脅威に対してタイヤの耐久性を向上させることを希求して開発が進められてきた。

    軍用車両の場合はランフラットタイヤの装着がおこなわれるが、特殊作戦に従事する精鋭オペレーターにおいては、タイヤ重量を軽減させながら、一方で運搬荷重を増やし、生存性の向上を追求するような要望が挙げられている。


    Image from Traction
    ZPTは、凹凸の激しい場所での乗車や、加熱の問題などで欠点を抱えていたが、AEGはそれら修正箇所を克服しているようで、一般的な軍用車両のランフラットタイヤが時速30マイル(=時速約48キロメートル)で30マイル(=約48キロメートル)の距離を走行できるのに対して、AEGのZPTでは少なくとも時速50マイル(=時速約80キロメートル)の速度で60マイル(=約97キロメートル)の走行を可能としている。

    この時の試験については、インド系ニュースサイトのユニバーサル・ニュース・ネットワーク(Universal News Network)が、「AEGのスタッフが極めて大きな口径の高速ライフル弾をPZTに対して複数回発射した」「タイヤは損傷したものの、良好なパフォーマンスを示し、なんと時速50マイル(=時速約80キロメートル)の速度で60マイル(=約97キロメートル)もの距離を走行した」と詳述している。
    なお、AEG社がインド系アメリカ人の経営であることから、同ニュースサイトでは今回の一報をひと際大きく取り上げているようだ。

    ここまでの成果を見せる開発途中には苦難もあったようで、AEGのお膝元であるオハイオ州アクロンの地元紙は、同社が資金不足にあえぎ、実に3年間に渡って試作品の開発が思うようにいかなかった経緯を紹介している。

    そんな窮地を打開したのは、国防総省関係筋から「軍用ランフラットタイヤに替わる軽量なタイヤを探している」という一本の電話だったとしている。テクニカルディレクターを務めているジョン・ゲルハルト(Jon Gerhardt)氏はインタビューの中で、「当社が開発したZPTは、従来のタイヤと比べてシステム全体で10~15%の軽量化を実現している」と語っている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    クルド保健省がエナジードリンク「ワイルド・タイガー」の販売禁止を発表
    米陸軍が新しいエネルギー源を発見か?
    「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催
    豪国防省が陸上戦闘員での導入に向け、MAWASHI社の背骨形状エクソスケルトン「UPRISE」を研究中
    台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示
    米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     クルド保健省がエナジードリンク「ワイルド・タイガー」の販売禁止を発表 (2017-08-24 11:47)
     米陸軍が新しいエネルギー源を発見か? (2017-08-23 19:17)
     「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催 (2017-08-23 19:03)
     豪国防省が陸上戦闘員での導入に向け、MAWASHI社の背骨形状エクソスケルトン「UPRISE」を研究中 (2017-08-23 15:08)
     台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示 (2017-08-23 12:19)
     米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画 (2017-08-22 13:50)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop