NEWS

アメリカン・アウトドア・ブランズ(旧SWHC)社が東京ドーム1個分の旗艦流通センター建設を計画

海外軍事
アメリカン・アウトドア・ブランズ社(AOBC: American Outdoor Brands Corporation)は1日、ミズーリ州ブーン郡のコロンビア地区に全米流通センターの設立計画を発表した。

同社は今年1月1日付で、これまでの「スミス&ウェッソン・ホールディング・コーポレーション (Smith & Wesson Holding Corporation) 」から社名を変更している。なお、ブランドネームであり傘下の銃器部門会社名でもある「スミス&ウェッソン社(Smith & Wesson Corp.,)」については、変更なくそのまま稼働を続けている。

関連記事:
スミス&ウェッソン社が新年 1/1 より「アメリカン・アウトドア・ブランズ」に社名変更

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    発表された計画では、今後数ヵ月以内に新たに50万平方フィート(=東京ドーム1個分相当)におよぶ施設の建設が盛り込まれており、同社はプロジェクトの資金調達を求めて州と地元に対して税額控除を求めている。

    計画に伴う誘致承認や適正評価、各種諸条件の締結によって変更があるものの、全ての緊急時要件が満たされれば、新施設の竣工までに18ヶ月を要するものと見込まれている。

    そして完成すれば、旗艦的役割の流通施設となり、顧客に対するサービスの更なる効率化を提供するものとして期待されるだけでなく、地元紙の報道によれば、当初の3年間で154名、その後トータルで328名の新たな雇用が生み出されることが試算されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop