アンダーレイルにワンタッチ装着、GLOCK17/19に対応するオーストリア製サイレンサー「FD917」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Pol-Tec
IWAやEnforceTacのPol-Tecブースに出展したオーストリア企業、Fischer Development社のサイレンサー「FD917」が話題となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    これはGLOCK17および19用で、アンダーレイルに適合しているためワンタッチ装着が可能というもの。

    Photo from Pol-Tec
    従来のサイレンサーはスレッドバレルへの装着方式だったため、バレルなど本体側の変更が必要となり、使用できる弾薬も限られたものだった。

    大まかなスペックは以下の通り。
    対応:GLOCK(9mm)
    方式:乾式/湿式
    サイズ:236x67x25mm
    重さ:350g
    材質:6061/T6
    音量:139db
    寿命:3000発



    Photo from Pol-Tec
    ワンタッチ装着はもちろん使用弾薬に依存せずスライドの動作にも影響しないといったメリットがあるが、ショートリコイル時にサイレンサーとバレルの間にギャップが発生することを考慮するとそれほど高い消音効果は望めない可能性がある。

    とはいえ、銃本体は無加工のままで一定の消音効果が得られるとなれば、その需要は大きいのかもしれない。

    出典:Fischer Development Suppressor for Glock 17 and 19 (Austria) - TFB

    Text: 乾宗一郎 - FM201703

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop