NEWS

オーストリア軍が新しい迷彩服の導入を計画

海外軍事 Comments(0)
オーストリア軍が新たに迷彩服の導入を計画している。
この新しい迷彩服は、雨よけや着用時の快適性を追求した機能的で且つ、昨今の派遣先環境に配慮した要求が満たされたものになるとのこと。大小の領域を6色から生み出された迷彩パターンによって構成され、ナイトビジョン対策の赤外線処理済ファブリックが利用される。森林部、都市部に跨る広範な植生・環境下での利用に適し、敵味方識別の観点からも独創的な迷彩デザインとなる。

Foto: Bundesheer/Pusch
今回の発表の中で、国防スポーツ省(BMLVS: Bundesministerium für Landesverteidigung und Sport)のハンス・ドスコツィル(Hans Peter Doskozil)大臣は、「新しい迷彩服は、近代化を図っている我が軍の重要な礎であり、兵士には可能な限り最善の方法で選ばれた装備が支給されるべきだ」と語っている。

国防スポーツ省によると、オーストリアの繊維産業は世界でも指折りの革新性を持つとのことで、それを裏付けるデータとして、「2007年から2016年の間に600名の発明家と800にも及ぶ特許製品を生み出している」「これは繊維産業界において世界トップ20に入る成績だ」と紹介している。

また、ドスコツィル大臣は新たな迷彩服を導入することによる経済効果についても触れている。国防スポーツ省は2020年までに総額で12億ユーロ(=約1,590億円)におよぶ予算を装備調達に充てることを明かしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop