NEWS

ブラックライフルコーヒー社が人身売買に対する意識を高めるための新たなプロモーション映像を公開

海外軍事
ブラックライフルコーヒー社(BRCC: Black Rifle Coffee Company)が新たなプロモーション映像を公開した。

奇を衒った宣伝戦略を得意とする同社が今回リリースしたこの映像。フル装備の名も無きオペレーター2名が、廃工場に突入し、眼鏡を掛けた少女を救い出すというシーンから始まっている。

映像は、米国での人身売買に対する意識を高めることを狙ったもので、強固な保守系・退役軍人らを主要なターゲット層として抱える同社のマーケティング戦略を色濃く反映したものと言えそうだ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    現在、米国では不法移民対策の強化を実行するドナルド・トランプ政権下において、人身売買が急増する恐れがあるとして専門家らが警鐘を鳴らしている。こうした世相を色濃く反映したこともあってか、公開当初からバズの拡大も上々の様相となっている。

    ブラックライフルコーヒー社について
    2014年創業のブラックライフルコーヒー社は、元陸軍特殊部隊「グリーンベレー」のエバン・ハファー(Evan Hafer)氏を創業者とし、現在までにおよそ70名の従業員を抱えており、その内の約半数が退役軍人で構成されている。

    社名は文字通り、ハファー氏自身が情熱を注いできた「ライフル」と「コーヒー」の2つを単純に組み合わせたことに由来している。創業以来、退役軍人を積極的に採用する方針を打ち出しており、ハファー氏以外にも特殊部隊経験者など、国家に奉仕した経歴を持つ人物がその幹部に名を連ねている。

    関連記事:
    ブラック・ライフル・コーヒー社がスターバックスに対抗して退役軍人1万人の雇用計画を発表

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop