NEWS

ブラック・ライフル・コーヒー社がスターバックスに対抗して退役軍人1万人の雇用計画を発表

海外軍事

Photo from Black Rifle Coffee Company official Instagram
米国の退役特殊部隊軍人によって創られたコーヒー企業、「ブラック・ライフル・コーヒー社(BRCC: Black Rifle Coffee Company)」が、今後6年間において10,000人の雇用計画を打ち立てた。
日本の一部の通な特殊部隊ファンの間でも、既にちょっとは知られた存在の同社。その創設は2014年とまだ新しい。元陸軍特殊部隊「グリーンベレー」のエバン・ハファー(Evan Hafer)氏を創業者とし、現在までにおよそ70名の従業員を抱えており、その内の約半数が退役軍人で構成されている。

Photo from Black Rifle Coffee Company
ハファー氏は、イラク・アフガニスタンの派兵時に、銃火器の取り扱いだけでなく、コーヒー焙煎の技術も磨いていた。以来10年以上に渡ってコーヒーを研究し続けた。

社名は文字通り、自身が情熱を注いできた「ライフル」と「コーヒー」の2つを単純に組み合わせたことに由来している。創設以来、退役軍人を積極的に採用する姿勢をみせており、ハファー氏以外にも以下の経歴をもつ人物がその幹部に名を連ねている。


Photo from Black Rifle Coffee Company

スコット・ボリンジャー(Scott Bollinger)
取締役副社長・業務執行責任者のボリンジャー氏は、陸軍特殊部隊に24年在籍した退役軍人。現役当時は法執行機関との調整役を務めており、麻薬取締局(DEA: Drug Enforcement Administration)や連邦捜査局(FBI: Federal Bureau of Investigation)と100回を超える作戦をこなしている。東南アジア、南西アジア、中東、欧州に30回以上の派兵経験を持つ。除隊後は、民間軍事会社と石油企業に勤めた経歴を持つ。


Photo from Black Rifle Coffee Company

エドウィン・パーネル(Edwin Parnell)
コーヒー部門の責任者を務めるパーネル氏は、9.11を機に陸軍へ入隊。8年間を第1特殊部隊グループ・ODA155(Operational Detachment Alphas, or A-teams)のグリーンベレー隊員として過ごし2009年に除隊。その後、栄養学の学士号を取得したパーネル氏は、政府関連の仕事で海外勤務を経験し、6年間で23回アフガニスタンを訪問している。ハファー氏とは首都カブールで会い、コーヒーに対する熱い情熱を交わした。



Photo from Black Rifle Coffee Company

ロバート・モダレリ(Robert Modarelli)
事業開発担当責任者のモダレリ氏は、予備役将校訓練課程 (ROTC: Reserved Officers' Training Corps) でワシントン州スポケーンの私立ゴンザガ大学を優秀な成績を収めて卒業。アラバマ州フォート・ラッカー駐屯地の陸軍航空隊で務めた後、1998年にパシフィック·ライフ保険会社に入社し、金融サービス業界を舞台に新たなキャリアを始めた。その後、パシフィック・ライフ社のフィールド副社長に就任した他、プロテクティブ・ライフ保険会社の部門販売責任者兼第2副社長、リンカーン金融代理店の地域営業責任者を歴任。これらのキャリアの中で培った人脈によって、メリルリンチやモルガンスタンレーといった名立たる金融機関との関係を構築してきたという。スキーやロッククライミング、競技射撃など、アウトドアスポーツを趣味とするモダレリ氏がハファー氏と出会ったのは、競技射撃・タクティカル訓練の時だったとしている。
ビジネスに意気投合したモダレリ氏は、その後ブラック・ライフル・コーヒー社の財務部門の責任者に就任している。


「70人の企業が10,000人を雇用する」という、一見無謀とも思える今回の大規模な雇用計画だが、その背景には「トランプ大統領による移民・難民の入国制限」「スターバックス(Starbucks)」「退役軍人」の3つがキーワードにある。

Capture screen from Starbucks

ご存知の通り、トランプ大統領は先月末にイラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの特定7ヶ国を対象として、入国を90日間禁止する大統領令に署名した。この「移民・難民入国制限」を受けて、コーヒー店チェーン世界最大手のスターバックスが、事業を展開している75か国で今後5年間において移民1万人の雇用を発表している。

ブラック・ライフル・コーヒー社の発表は、まさにこれに触発されたものとなっている。

同社は今回の報道発表に際し「当社が発表した退役軍人に対する雇用促進は、経営戦略上のプロパガンダなどではない」とした上で、「当社は移民の代わりに退役軍人を雇う」と強調。「当社は単なるコーヒー会社ではない。国の為に捧げてきた男たちによる企業だ」「彼らは法に従い、忠実で誠実、そしてこの愛して止まない米国の誇り高い人々だ」「スターバックスは、自社プロモーションを目的としてシリア人を雇うと言っている」として、その違いをアピールしている。


Photo from Black Rifle Coffee Company official Instagram
同社は直近2年において、実に700%もの急成長を遂げているとのこと。この壮大な計画の達成に向けては、フランチャイズ店舗と軍施設での展開を急ピッチで進め、3年間で100店舗をオープンし、6年間で500店舗に拡大するとしている。

なお、最近ではユタ州の州都ソルトレイクシティの繁華街に、実に甲子園球場の1/3の面積にも匹敵する3.3エーカーの施設を建てており、拡大のためのインフラ構築にも着手している。

そして5.11タクティカルをはじめとする大手企業が、ブラック・ライフル・コーヒー社の事業拡大に支援の手を差し伸べることも明かされている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
フランスとデンマークの軍特殊部隊がKAC製の軽機関銃「ストーナーLMG」を評価試験へ。ドイツの軍事情報出版社が報道
米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か
年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像
アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開
Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 フランスとデンマークの軍特殊部隊がKAC製の軽機関銃「ストーナーLMG」を評価試験へ。ドイツの軍事情報出版社が報道 (2017-04-28 13:16)
 米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か (2017-04-27 13:17)
 年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像 (2017-04-26 19:48)
 アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開 (2017-04-26 13:06)
 Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト (2017-04-26 12:46)
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop