NEWS

「ボストンはシューター天国」96%の銃撃事件で犯人を取り逃した市警に非難の声

海外軍事

Photo from Boston Police Department Official FaceBook
This photo is for illustration purposes only.
2月12日、米マサチューセッツ州ボストンの月刊誌であるボストン・マガジンが、地元警察による銃犯罪事件の検挙率の低さを紹介し糾弾している。

それによるとボストン市警察は、死亡事件にまでは至らなかった銃撃事件の内で、容疑者の逮捕に繋がった事例は僅か4%にも満たないとしている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    これは6ヶ月に渡る調査の末、公開情報請求により得た、2014年から2016年9月20日までに起きた618事件を対象とした数値とのこと。逆算的に言えば、実に96%以上にも及ぶ高い確率で、容疑者を取り逃していたことになる。

    一方で、ボストン市警が銃を使った殺人犯の逮捕率が高いかと言うとそうではなく、同誌の報告では、「618事件の内の92事件は殺人事件だったが、逮捕されたのはその内の僅か14名だ」とし、「銃の発砲による殺人事件での逮捕率は辛うじて15%ほどだ」として酷評している。

    この実態を受けて同誌は、「我がボストンはシューター(銃を使う犯罪者)(にとって)の楽園だ」と皮肉を込めて紹介している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop