NEWS

カナダ陸軍が「C20」として制式化する新たなセミオート式スナイパーライフル(SASW)の取得を計画

海外軍事

Photo from Canadian Army's official Flickr
This photo is for illustration purposes only.
カナダ陸軍が、新たにセミオートマチック式のスナイパーライフル(SASW: Semi-Automatic Sniper Weapon)の取得を求めて動き出している。同国の英字日刊紙、オタワ・シチズンが防衛産業界の情報として伝えている。
それによると、陸軍の広報担当官は、「SASWは今のところ計画段階だ」としながらも、「2017年末または2018年初めにも調達される見込みだ」としている。そして、選定事業者は今のところ立っていないが、陸軍では272挺の取得を求めている。

なお、SASWが選定された場合、「C20」として制式化される見込みだ。

関連記事:
カナダ国防省がコルト・カナダ社との間でリー・エンフィールドに替わる「C-19」ライフル×6,820 挺を契約


Photo by MCpl Louis Brunet, Canadian Army Public Affairs, 3rd Can Div PA HQ
陸軍がC20に対して希求する要件としては、①より軽量であり、②市街地などの短距離で精確にたくさん撃ち込むことができ、③一瞬にして過ぎ去るターゲットに対して素早く対処できるものが挙げられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中
カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)
 伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中 (2017-02-21 13:47)
 カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ (2017-02-21 12:00)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop