トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車

海外軍事国内軍事関連

PRNewsfoto/Centigon France
軍用装甲車輌を手掛けているセンティゴン・セキュリティー・グループ(Centigon Security Group)傘下のセンティゴン・フランス(Centigon France)社が、トヨタ製ランドクルーザーをベース車輌に開発した「フォートレス・インターベンション(Fortress Intervention)」をフランス国家憲兵隊に納車したことを明かした。治安介入部隊(GIGN: Groupe d'intervention de la gendarmerie nationale)で運用される。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    フォートレス・インターベンションは、GIGNなど対テロ特殊任務に当たるオペレーターを、運転席、助手席と後部座席に4名の計6名を乗せて移動を可能とする。外観は民間車輌ながらも、軍用規格の装甲を備えており、AK-47やグレネード、側部爆発などの攻撃に耐え得る設計がなされている。

    ベース車輌に選定されたトヨタ製ランドクルーザーは、4.6L、5.7Lのガソリン車と、4.5Lのディーゼル車のラインナップとなり、ルーフに大きなフラップや、ランフラットタイヤ、多層ガラス・ポリカーボネートによる防弾ガラスなどの徹底した安全設計が備わっているという。

    フォートレス・インターベンションは、先日に米フロリダ州タンパで開催された特殊作戦部隊産業会議「SOFIC(SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference)2017」の会場をはじめ、幾つかの展示会場でお披露目されており、各国の防衛関係者らから注目を集めているようだ。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が新しいエネルギー源を発見か?
    「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催
    豪国防省が陸上戦闘員での導入に向け、MAWASHI社の背骨形状エクソスケルトン「UPRISE」を研究中
    台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示
    米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が新しいエネルギー源を発見か? (2017-08-23 19:17)
     「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催 (2017-08-23 19:03)
     豪国防省が陸上戦闘員での導入に向け、MAWASHI社の背骨形状エクソスケルトン「UPRISE」を研究中 (2017-08-23 15:08)
     台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示 (2017-08-23 12:19)
     米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画 (2017-08-22 13:50)
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop