NEWS

コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売

海外軍事

Photo By: Cpl. Michael Dye
This photo is for illustration purposes only.
M4やM16自動小銃の銃身の下に装着する「M203グレネードランチャー」が民間向けに市販される。形状の似た「クローン」の37mmランチャーはいくつか存在しているが、コルト社の純正品の販売は初めてとなる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    アメリカの法律では40mmグレネードとその発射器は規制対象となっており、軍や法執行機関でなければ所有できない。しかし37mmであれば、信号弾、鳥獣避けの騒音弾、煙幕弾など対人・対物弾頭以外のものを発射するのに限り、規制対象外となっている。これを利用し、本来40mmであるM203の銃身を37mmに絞って発売される。刻印は軍用向けと同じ「LAUNCHER, GRENADE M203 40MM」となる。

    9インチ(約23cm)と12インチ(約30cm)銃身の2バージョンがあり、標準小売価格は3500ドル(約39万円)から。マウントは別売りとなっている。

    Source: Colt M203 37mm Grenade Launcher | M4 Profile 12" Barrel

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される
    「登場人物の多くは偽名」「ODA 595のうち乗馬経験者は1人」…映画「12 Strong」の裏話
    H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録
    ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス
    チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討
    中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される (2018-01-23 10:27)
     「登場人物の多くは偽名」「ODA 595のうち乗馬経験者は1人」…映画「12 Strong」の裏話 (2018-01-22 18:42)
     H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録 (2018-01-19 20:36)
     ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス (2018-01-19 16:40)
     チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討 (2018-01-19 14:45)
     中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される (2018-01-18 19:40)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop