NEWS

コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売

海外軍事

Photo By: Cpl. Michael Dye
This photo is for illustration purposes only.
M4やM16自動小銃の銃身の下に装着する「M203グレネードランチャー」が民間向けに市販される。形状の似た「クローン」の37mmランチャーはいくつか存在しているが、コルト社の純正品の販売は初めてとなる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    アメリカの法律では40mmグレネードとその発射器は規制対象となっており、軍や法執行機関でなければ所有できない。しかし37mmであれば、信号弾、鳥獣避けの騒音弾、煙幕弾など対人・対物弾頭以外のものを発射するのに限り、規制対象外となっている。これを利用し、本来40mmであるM203の銃身を37mmに絞って発売される。刻印は軍用向けと同じ「LAUNCHER, GRENADE M203 40MM」となる。

    9インチ(約23cm)と12インチ(約30cm)銃身の2バージョンがあり、標準小売価格は3500ドル(約39万円)から。マウントは別売りとなっている。

    Source: Colt M203 37mm Grenade Launcher | M4 Profile 12" Barrel

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop