米五軍採用のM17/M18ピストルにも対応、クリムゾントレース社P320用レーザー照準器『LG-420/G』

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Crimson Trace
銃器用の小型レーザー照準器を開発する、米国のクリムゾントレース社(Crimson Trace Corporation)が、シグ・サワー社製ピストル「P320」用のレーザー照準器『LG-420(赤色レーザー)』『LG-420G(緑色レーザー)』 を発売した。
両レーザー照準器は、直観的な動作の中で起動するよう全体設計されており、トリガーガードを主体に取り付けるため、銃身に沿って真っすぐとなる。また、ユニットを取り外すことなくバッテリー交換が可能なため、設定がずれ難くなっている。

工場出荷時は50フィート(=約15メートル)でゼロイン調整しており、メーカー3年保証付き。レッドレーザー版が229ドル(=約2.5万円)、グリーンレーザー版が309ドル(=約3.3万円)と割高設定となっている。

なお、軍用モデルであるフルサイズ版「M17」およびコンパクト版「M18」両ピストルにも互換性を持つ。

レーザー製品については、日本国内では「消費生活用製品安全法」の下、規制の対象となっている。同法では【PSCマーク】の無いレーザー出力製品(携帯用レーザー応用装置)を【販売・陳列】することが禁止されており、違反した場合は、【1年以下の懲役または100万円以下の罰金、またはこれを併科する】と定められている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop