米五軍採用のM17/M18ピストルにも対応、クリムゾントレース社P320用レーザー照準器『LG-420/G』

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Crimson Trace
銃器用の小型レーザー照準器を開発する、米国のクリムゾントレース社(Crimson Trace Corporation)が、シグ・サワー社製ピストル「P320」用のレーザー照準器『LG-420(赤色レーザー)』『LG-420G(緑色レーザー)』 を発売した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    両レーザー照準器は、直観的な動作の中で起動するよう全体設計されており、トリガーガードを主体に取り付けるため、銃身に沿って真っすぐとなる。また、ユニットを取り外すことなくバッテリー交換が可能なため、設定がずれ難くなっている。

    工場出荷時は50フィート(=約15メートル)でゼロイン調整しており、メーカー3年保証付き。レッドレーザー版が229ドル(=約2.5万円)、グリーンレーザー版が309ドル(=約3.3万円)と割高設定となっている。

    なお、軍用モデルであるフルサイズ版「M17」およびコンパクト版「M18」両ピストルにも互換性を持つ。

    レーザー製品については、日本国内では「消費生活用製品安全法」の下、規制の対象となっている。同法では【PSCマーク】の無いレーザー出力製品(携帯用レーザー応用装置)を【販売・陳列】することが禁止されており、違反した場合は、【1年以下の懲役または100万円以下の罰金、またはこれを併科する】と定められている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop