NEWS

フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」

海外軍事

Photo from Sunrock
クロアチア軍では90年代より旧ユーゴスラビア製のZastava M70やカラシニコフ系の小銃を使用していた。しかし、それらの老朽化にともない新小銃の開発が進められ、2000年代に入ると、HSプロダクト社はクロアチア軍の支援のもと、ブルパップ型のVHS(多機能アサルトライフル)を開発した。

参考映像:hs produkt vhs 2
口径はクロアチアのNATO加盟に合わせ、5.56×45㎜となり、幾度となく改良を加えられクロアチア軍の制式採用小銃となった。標準バージョンはVHS-D1、ショートバージョンはVHS-K1と呼ばれる。2015年には、更に改良されたVHS-2がクロアチア軍に納入された。

Photo from HS-Produkt

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Sunrock


    Photo from Sunrock
    VHSはフランス軍のFAMASに形状が似ているためか、HSプロダクト社のフランス国内の輸入代理社であるサンロック社により、フランス軍向けの「VHS-F2 ONCILLE」として、フランス軍次期制式採用小銃のトライアルに提出された。結果として、HK416Fが採用されたものの、VHS-F2は上位5位に入った。また、唯一のブルパップ型の候補銃だった。

    関連記事:
    フランス軍小銃コンペにクロアチア製アサルトライフル「VHS-2」が参入


    Screenshot from RETEX MAG
    VHS-F2はブルパップ型のため全長は短いが銃身は長く保たれており、狭い空間でも扱いやすく、中距離射撃でも命中精度が高い。
    有効射程は300mで、単射と連射ができる。グリップはつかみやすい角度に設計されており、トリガーガードの形状は防寒グローブをしていても指を入れやすくなっている。

    右利き左利き両方に対応できるアンビ仕様となっており、コッキングレバーはキャリングハンドルの下にあり、エジェクションポートはボルトの部品等を操作することで排莢方向を決めることができる。さらに、カートリッジは斜め前方に排莢されるようになっているため、銃のトランジションをしても安全な方向に排莢される。もちろん、セレクターも左右に付いている。


    Screenshot from RETEX MAG
    キャリングハンドル上部はレールとなっており、レールの前後には折り畳み式のアイアンサイトが設置されている。サイト調整については、フォアサイトは1クリックすれば着弾点を100m先で1.5m上下に移動させられ、リアサイトの場合は1.3m左右に移動させられる。

    ストックは6段階に長さ調節ができ、チークピースもあるため、射手の体型やボディアーマーの形状などに合わせて調整できる。ストックを縮めた全長は78㎝、伸ばした全長は84.8㎝である。銃身の長さは48㎝。重量はマガジンなしで3.9㎏

    VHS-F2はSTANAGマガジンが標準装備だが、マグウェルを交換することで半透明のプラスチックマガジンも使用できる。


    Photo from HS-Produkt
    銃身はNATO標準の通常弾、曳光弾、空砲弾が撃てるような造りとなっており、VHS-F2の銃身・フラッシュハイダーは仏軍が多用するライフルグレネードに対応している。また、バヨネットを取り付けられる設計にもなっており、イタリアのエクストレマ・ラティオ社のバヨネットがラインナップされている。ただし、バヨネットとグレネードランチャー(VHS-BG)を同時に取り付けることはできない。

    HSプロダクトのホームページはこちら:http://www.hs-produkt.hr

    なお、海外トイガンメーカーからVHS-2のガスブローバックモデルがリリースされる「噂」もあったが、現在までにその進捗を耳にしなくなったことからも、立ち消えとなってしまっているようだ。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201711

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop