NEWS

人材不足にあえぐMARSOC精鋭レイダース隊員は充足率89%の2,742名。最終兵力を3,100名に設定

海外軍事 Comments(0)

Photo by Sgt. Donovan Lee
This photo is for illustration purposes only.
米海兵隊が2019会計年度に向けた当初の増員計画1,100名から、1,400名とするよう引き上げを要求していたことが分かった。この300名の追加要求については、海兵隊のグレン・ウォルターズ(Glenn M. Walters)大将が3月初旬におこなわれた防衛フォーラムの席上で、「特殊部隊(MARSOC)における人材不足への対処の為のものだ」と語っている。

U.S. Air Force photo by Senior Airman Ryan Conroy
This photo is for illustration purposes only.
MARSOC麾下の精鋭『レイダース(Raiders)』隊員は現在2,742名。その充足率は89%。最終的には3,110名の兵力保持を目指しており、その為に向けて368名の補充を必要としている。
海兵隊によると、レイダースの人材不足は、募集の問題や離職率の結果ではなく、予算の制限が大きいとのこと。

典型的なSOO(Special Operations Officer)/CSO(Critical Skills Operator)の選抜・教育課程

Graphical explanation from Military Blog Japan
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海兵隊特殊部隊 MARSOC「レイダース」編
精鋭レイダース隊員となるには、21日間の体力錬成とMARSOC内文化の教育を中心としたA&Sの第1フェーズが課せられ、その後19日間に渡る第2フェーズが始まる。この第2フェイズでは、その後に実施される「個別訓練課程(ITC)」に向けた10項目の審査がおこなわれる。そしてITCでは、延べ36週・5フェーズに分類されており、火器を扱った基礎的な技術にはじまり、特殊作戦実施時など、各種の戦闘行動における応用要領の習得が盛り込まれている。


Photo by Sgt. Pete Thibodeau
This photo is for illustration purposes only.
外国国内防衛、直接行動、特殊偵察、カウンターテロ、情報活動や、特殊作戦下における不正規戦での支援任務など…ハイリスク下での様々な特殊任務を全うできる、高度に訓練された精鋭隊員をMARSOCでは特に「決定的に重要な技能を持つ隊員」を意味する『CSO(Critical Skills Operators)』と呼び、『MOS 0372』(MOS: Military Occupational Specialty, 職種専門技能)が付与されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop