NEWS

ブラックウォーター創業者が「トランプ―ロシア」の裏ルート構築のため、秘密裏に会議の場をセッティングか

海外軍事

This photo is for illustration purposes only.
かつて民間軍事請負企業(PMC)として名を馳せた「ブラックウォーター(Blackwater)」の創業者であるエリク・プリンス(Erik Prince)氏が、「トランプ―ロシア」の裏ルートを構築するため、プーチン大統領の側近と会議の場を設けていたようだ。

スクープしたワシントンポストは、「トランプ政権がモスクワとの裏ルート構築を求めた明白な取り組みだ」とし、状況を詳細に伝えている。
会議は、トランプ大統領の就任式がおこなわれた1月20日の9日前となる1月11日に、アラブ首長国連邦(UAE)の招集によって、インド洋のセイシェルでおこなわれたと伝えられている。

UAEは、ロシアがイランとの関係を縮小するように説得できるかどうか探る一端の為、会議の仲介役に合意したとのことだが、会議全体の議題は依然として不明なようだ。


Infographic from Washington Post
また、ワシントンポストは、「プリンス氏は大統領選でトランプ氏に寄付をしているばかりでなく、2月に第11代の教育省長官として就任したベッツィ・デボス(Betsy DeVos)氏の弟でもある」「プリンス氏は、トランプ大統領のための非公式の特使として自分自身を提示した」と報じている。

関連記事:
米国の新教育長官ベッツィ・デボス氏の実弟はブラックウォーター創業者の「エリク・プリンス」氏

プリンス氏とトランプ政権との関係については、プリンス氏が昨年12月にニューヨークのトランプ陣営に出入りしていたところを目撃されていることや、昨年トランプ陣営に対して25万ドル(=約2,700万円)の寄付をおこなっていることが報じられている。

一方のホワイトハウス側も今回の報道に黙っておらず、ワシントンポストに対して「プリンス氏はトランプ政権の移行チームにおいて何の役割も果たしておらず、(移行チームは)会議の存在を知らなかった」と回答を寄せている。

また、ホワイトハウスの回答を援護する形でプリンス氏の広報担当者が、「プリンス氏は政権移行チームにおいて如何なる役割も担っていない」「これは完全なるデッチ上げ(fabrication)だ」と語気を強めて報道内容を完全否定している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop