NEWS

エストニアが100億円近い巨費を投じる新型アサルトライフルの入札情報を発出。この10年で最大規模の調達計画

海外軍事

Photo from Estonian Defense Forces
This photo is for illustration purposes only.
エストニア国立防衛出資センター(ECDI: Estonian Centre for Defence Investment)は3日、新型アサルトライフルの調達を求めた入札情報を発出した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    5.56㎜と7.62㎜の弾を使用するアサルトライフルが求められており、陸上部隊(Land Forces)第1、第2歩兵部隊向けを中心とし、法務省、警察、国境警備隊も併行した要件となっている。

    2018年から2021年に掛けておよそ11,000挺の取得が見込まれ、アクセサリー類を含め7,500万ユーロ(=約96.8億円)の案件になることが示されている。これは同国にとって、この10年において1回の調達としては最大規模の購入計画となる。

    なお、その後2024年までに、追加で18,000挺の調達も予定されている。
    タグ :エストニア

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開
    元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催
    「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」
    ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表
    陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」
    マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開 (2017-09-19 19:15)
     元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 (2017-09-16 20:41)
     「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」 (2017-09-15 17:30)
     ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表 (2017-09-14 16:51)
     陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」 (2017-09-14 12:47)
     マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定 (2017-09-13 17:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop