ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員

海外軍事映画・テレビ

Photo from History Channel
米海軍特殊部隊SEALsのトップチームである「ST6(SEAL Team 6, a.k.a. "DevGru")」を題材とした戦争アクションドラマシリーズ「シックス(SIX)」。ファーストシーズンの視聴率が好調であったことを受けて、放映中にも関わらず早くもセカンドシーズンの製作発表が明かされたその一方で、同作を手掛けたエンタテインメント専門チャンネル「ヒストリー」に対して、退役SEAL隊員らから不満の声が挙がっているようだ。
問題となっているのは、今年2月に同じくヒストリー内で放映された「海軍シールズ:米国の秘匿の戦士達(NAVY SEALS: AMERICA'S SECRET WARRIORS)」。放映された映像の中に、80年代の創設期メンバー76名の顔がはっきりと分かる映像が使用されていたとのこと。これに不快感を露(あらわ)にした複数の元隊員がいるようだ。

ST6メンバーは、オサマ・ビン・ラディン(Osama bin Laden)容疑者の急襲作戦に代表されるような、テロリスト最高幹部らの排除を実行する部隊であるが故、その組織から恨みを買ってお尋ね者となることがあり得る。その為、退役した後にもその身の安全を確保する意味から、個人の特定がなされぬよう、普段から細心の注意が払われる必要がある。

この件についてヒストリー側は、「問題となっているグループメンバーの写真は、サーチエンジンで検索すれば簡単に見つかるものだ」とする一方で、ディスカバリーチャンネルで「ST6の秘密(Secrets of SEAL Team Six)」が放映された2011年の時点では、これらメンバーの特定に繋がる情報は無かったとする見解も示されており、今回の放映に問題を提起している意見も出ているようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop