実銃射撃の失敗・ハプニング映像集

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
実銃発砲に関連した失敗映像集が投稿され人気を博している。フェイスブック上に投稿されたこの映像では、発砲時の強い衝撃に耐えきれずにいる様子を中心としたハプニング集となっている。

所持規制の厳しい日本国内では、実銃射撃に馴染みが薄い。そのため、海外旅行で初めて経験する時に、想像以上に強いその衝撃と破壊力に驚くことが多い。エアソフトとは違って発砲と同時に押し出された高温の薬莢が肌に触れて驚くことも、実銃射撃によく見る光景。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    射撃経験が無い中で、女性や子供のように、とりわけ腕力が乏しく軽量な人では射撃時のコントロールが難しく、映像のように思わず仰け反り、手放した銃が宙を舞ってしまうような危険もある。
    また、銃床がカットされた短銃身のショットガンともなれば、うまく反動を逃がさないと手首を痛め、場合によっては酷い捻挫や骨折してしまうことさえある。そして銃床があったとしても、怖がって頬付けができずに発砲してしまえば、発砲時の強い反動によって、銃床で頬を殴られるような感覚となる。

    安全管理について日頃から銃器の取り扱いに慣れているはずであろうインストラクターや軍人でさえも、不用意な扱いをおこなってしまい暴発させている。銃には常に弾丸が装填されているものと考え、破壊したくないものに銃口を向けず、トリガーに指をかけない。そして 標的とその後ろにあるものをよく認識する……。こうした基礎的な注意事項の重要性を再認識すると同時に、決して他人事と思わず、うるさいほど言われ、自身に言い聞かせても足らないくらいなのかもしれない。

    関連記事:
    トラヴィス・ハーレイが先日の暴発事件「NDgate」に対してコメントを発表

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
    香港エアソフトメーカー「A&K」が『M249』&FN公式ライセンス『Mk.48』ガスブロモデルを発売予定
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)
     香港エアソフトメーカー「A&K」が『M249』&FN公式ライセンス『Mk.48』ガスブロモデルを発売予定 (2017-12-04 17:42)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop