スマホが無線機に? 驚きのガジェット「LINC」がクラウドファンディングにて出資募集中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
サバゲーの最中にスマホを使う人はほとんどいません・・・というか、フィールドに持ち込むことさえ少ないと思います。

しかし、こんなガジェットがあればゲームでもスマホを活用できるかもしれません。
Fantom DynamicsがINDIEGOGOにて出資を募っている「LINC」です。

Photo from IndieGoGo
これはモトローラのMotoZにぴったりハマるアクセサリで、専用アプリを使用すると無線機(トランシーバ)として活用できてしまうというもの。

Photo from IndieGoGo
MotoZ専用といっていますが、bluetooth接続なのでスマホ本体と離した状態での活用も可能。iPhoneなどでも使えるそうです。

本体は防水・防塵なのでアウトドアでの活用も視野に入れた設計。ポータブルバッテリーとしての利用にも対応しています。

無線交信ということで圏外でも使えるのはもちろん、簡易メッセージのやり取りやGPS位置情報の取得にも対応。何より無線の同報性を活かしてチーム内の連絡には最適です。

なお、チャンネルはFRSやGMRS(海外無線機の周波数帯)の22chにて最大8km先との交信が可能です(プライバシーコードは121種)。

さらに、ロック解除にて144MHz帯と430MHz帯というアマチュア無線での交信やパケット通信機能にも対応します。

Photo from IndieGoGo
このLINCはクライドファンディングのINDIEGOGOにて順調に出資を集めており、市販される可能性が高まっています。今なら本体1つで159USドル。

これは今すぐ申し込まねば!という人もいるかもしれませんが、FRS/GMRSは日本国内では使用できない周波数帯。また、144/430MHz帯の交信を行うにはアマチュア無線の免許が必要になります。

そもそもこのモノ自体、国内の技適(技術基準適合認定)を得ていないため日本では使用できません。

非常に魅力的なガジェットなので、せめてアプリの方で国別設定ができたりするとおもしろいのに、と思います。

Text: 乾宗一郎 - FM201702

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催
KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始
欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催 (2017-03-22 20:25)
 KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始 (2017-03-22 19:51)
 欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に (2017-03-22 13:12)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop