スマホが無線機に? 驚きのガジェット「LINC」がクラウドファンディングにて出資募集中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
サバゲーの最中にスマホを使う人はほとんどいません・・・というか、フィールドに持ち込むことさえ少ないと思います。

しかし、こんなガジェットがあればゲームでもスマホを活用できるかもしれません。
Fantom DynamicsがINDIEGOGOにて出資を募っている「LINC」です。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from IndieGoGo
    これはモトローラのMotoZにぴったりハマるアクセサリで、専用アプリを使用すると無線機(トランシーバ)として活用できてしまうというもの。

    Photo from IndieGoGo
    MotoZ専用といっていますが、bluetooth接続なのでスマホ本体と離した状態での活用も可能。iPhoneなどでも使えるそうです。

    本体は防水・防塵なのでアウトドアでの活用も視野に入れた設計。ポータブルバッテリーとしての利用にも対応しています。

    無線交信ということで圏外でも使えるのはもちろん、簡易メッセージのやり取りやGPS位置情報の取得にも対応。何より無線の同報性を活かしてチーム内の連絡には最適です。

    なお、チャンネルはFRSやGMRS(海外無線機の周波数帯)の22chにて最大8km先との交信が可能です(プライバシーコードは121種)。

    さらに、ロック解除にて144MHz帯と430MHz帯というアマチュア無線での交信やパケット通信機能にも対応します。

    Photo from IndieGoGo
    このLINCはクライドファンディングのINDIEGOGOにて順調に出資を集めており、市販される可能性が高まっています。今なら本体1つで159USドル。

    これは今すぐ申し込まねば!という人もいるかもしれませんが、FRS/GMRSは日本国内では使用できない周波数帯。また、144/430MHz帯の交信を行うにはアマチュア無線の免許が必要になります。

    そもそもこのモノ自体、国内の技適(技術基準適合認定)を得ていないため日本では使用できません。

    非常に魅力的なガジェットなので、せめてアプリの方で国別設定ができたりするとおもしろいのに、と思います。

    Text: 乾宗一郎 - FM201702

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop