NEWS

フィンランド・サコーがポーランド陸軍向けスナイパーライフル ×150 挺の調達契約を獲得

海外軍事

Photo from SAKO
ポーランド国防省の軍備視察団 (Armament Inspectorate) が、1 年に渡る入札期間を経て、150 挺のスナイパーライフルとその弾薬に関する調達計画をまとめた。
国内の銃器メーカーである、タルヌフ機械工場 (ZMT: Zakłady Mechaniczne Tarnów) も入札に参加したものの、契約を勝ち取ったのは、フィンランドの銃器メーカーであるサコー (SAKO Limited) 製となっており、.338 ラプア・マグナム (8.6×70 mm) 弾を使用する TRG M10 ライフルが選ばれている。


Photo from SAKO
契約額は 3,200 万ポーランドズウォティ (ズロチ) (=約 8.9 億円) となっており、首都ワルシャワに本社を持つイブコル・ポルスカ社 (IBCOL Polska Sp. z o.o) を仲介業者として、50,000 発の弾薬と、日中用のスコープの他、ナイトビジョン、サーマルビジョン用のアタッチメントと共に陸軍へと供給される見込み。

今回の調達に当たっては、1,200 メートル離れた場所から、弾道カバーしている人や車輌に対して有効弾が撃ち込めることがその要件の 1 つとして掲げられていた。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop