NEWS

オサマ・ビン・ラディン容疑者の追跡を担当した元SAS連隊長が英陸軍の新参謀総長に就任

海外軍事 Comments(0)

Photo from UK Army
This photo is for illustrative purposes only.
©2018 Crown Copyright
英陸軍トップの「参謀総長(CGS: Chief of the General Staff)」に、特殊部隊『SAS(Special Air Service)』を率いた経歴を持つ、マーク・カールトン-スミス(Mark Carleton-Smith)中将が任命された。現職参謀総長のニック・カーター大将(General Sir Nick Carter)は、3月付で「国防参謀長(CDS: Chief of Defence Staff)」に任命されている。

Photo from UK Ministry of Defense (MoD)
© Crown copyright
カールトン-スミス中将は現在54歳。
1986年、アイルランド近衛連隊(Irish Guards)への入隊を機に軍でのキャリアをはじめた。コソボ戦争を経験後、2002年に第22SAS連隊(正規軍)の連隊長に就任。SASではイラク、アフガニスタンを経験した他、9.11以降のオサマ・ビン・ラディン(Osama bin Laden)容疑者の追跡を担当していたと言われている。
2007年には陸軍に転換し、第16空中強襲旅団の司令官となり、2012年に特殊部隊のトップ(director of special forces)に、また2016年には国防副参謀長(deputy chief of the defence staff)とそのキャリアを積み上げている。

ギャビン・ウィリアムソン(Gavin Williamson)国防長官曰く、「カールトン-スミス中将は、イラクやシリアでのダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)を相手にした一連の軍事作戦をはじめ、国内外問わず我が軍における数多くの作戦で主導的な役割を担ってきた」と語り、「現在置かれた状況の中、陸軍の近代化を図る上で欠かせない人物であり傑出したリーダーだ」と評価している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop