「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
元米陸軍特殊部隊のカール氏がウォーベルトの構成についてアドバイスを述べている。

ウォーベルトを装着する目的は2つある。
まずはボディアーマーによる肩への重量負担の緩和である。ボディアーマー上のポーチをいくつかウォーベルトに移すことで減量することができる。

次に、ボディアーマー無しでも、ある程度の戦闘力を保持することである。例えば、普段ボディアーマーを着用しない前方作戦基地の中で戦闘が発生しても、ウォーベルトを装着していれば対処できる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    では、ウォーベルトのどこに何を配置すれば良いのか。カール氏は自身のウォーベルトについて解説している。
    まずは、ベルトの右側から。右前には止血帯があり、この位置なら左右どちらの手でも取りやすい。その隣りのポーチにはフラッシュバンが入っている。真右にはホルスターがある。通常、右利きであれば右、左利きであれば左である。

    次に左側。左前には小型のナイフがある。武器のバックアップや、ちょっとした作業に使える。その隣りにはダブルのピストル・マガジンポーチがある。注目すべきはポーチのフラップである。片方は開いていて、片方は閉じている。開いている方はスピードリロードのためである。そして、もう片方は、激しい動きでマガジンが飛びだす事態が発生してもマガジンが1つは残るよう、閉じてある。

    ピストル・マガジンポーチの隣りにはM4マガジンポーチがある。ピストル・マガジンでも言えることだが、ボディアーマー上のマガジンポーチの位置と同じような位置にウォーベルト上でも配置することが重要である。体が覚えているマガジン交換の動きに逆らわないためである。

    最後に後ろ側だ。真後ろには取り外し可能な個人医療ポーチがある。真後ろであれば左右どちらの手でも取りやすい。後ろ右側にはレザーマンのマルチツール「サージ」と、小型の汎用ポーチがある。そのポーチにはフラッシュバンを入れたり、手錠を入れたり、任務内容に従い内容を決める。

    後ろ左側にはダンプポーチがある。普段は邪魔にならないよう畳んである。

    以上のように、カール氏は自身の任務内容に合わせてウォーベルトを構成している。ウォーベルトは自分の目的に合わせ、自分に扱いやすいよう、構成することが肝心である。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201708

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    アメリカの愛好家チームが射程約4,600メートルの超長距離射撃に成功
    フィンランド国防軍がAimpoint Micro T-2レッド・ドットサイト購入を発表
    大手格付け会社が「レミントン社」の格付けを引き下げ。来年度までに破産・債務不履行の可能性を指摘
    過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」
    ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第13回「SVG Unlimited」が開催
    東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開
     アメリカの愛好家チームが射程約4,600メートルの超長距離射撃に成功 (2017-11-22 14:07)
     フィンランド国防軍がAimpoint Micro T-2レッド・ドットサイト購入を発表 (2017-11-21 15:22)
     大手格付け会社が「レミントン社」の格付けを引き下げ。来年度までに破産・債務不履行の可能性を指摘 (2017-11-21 13:56)
     過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」 (2017-11-20 19:09)
     ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第13回「SVG Unlimited」が開催 (2017-11-20 16:29)
     東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開 (2017-11-14 10:12)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop