NEWS

フランス軍が各所から派遣されてきた射撃教官に対して次期制式採用小銃「HK416F」の教育を実施

海外軍事
6月8日・9日、フランス南部のドラギニャンにある歩兵射撃の教育機関にて、フランス軍の様々な部隊や学校から派遣されてきた射撃教官に対し、次期制式採用小銃HK416Fの教育が実施された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今回、教育を受けた教官らは各部隊・学校において、他の教官らに対しHK416Fの取り扱い方法を教え、やがては全兵士に広めなければならない。

    HK416Fの支給は、2017年6月末から始まる予定である。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201706

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)
     米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か (2018-05-21 15:19)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop