フランス国防省が7,800挺近いエアソフトの購入を求めた公開入札情報を発出

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from French Ministry of Defense
This photo is for illustration purposes only.
フランス国防省が7,800挺近いエアソフトの購入を求めた公開入札情報を発出している。

関連記事:
フランス陸軍がエアソフトを使った市街地戦闘訓練を実施

入札は、国防省(MINDEF: Ministry of Defense)、軍(SCA: Service du Commissariat des Armées)、西部調達局(PFAF-West: Plate-Forme Achats Finances West)をクライアントとしたもので、税(VAT: Value-Added Tax)別で250万ユーロ(=約3億2,000万円)の案件。
2018年度での内訳は、①HK416F×4,230挺、②FAMAS F1×2,000挺、③MINIMI×500挺、④Pamas(=ベレッタのライセンスピストル)×1,000挺、⑤Glock 17×30挺の5種で合計7,760挺。4月24日が募集期限となっている。

第2段階ではロット当たり3つの入札業者に選定され、入札要件の詳細を受け取ることになる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop