NEWS

フランス海軍特殊部隊 第7コマンド・マリーン

海外軍事
彼らの活動について語られることは稀だ。コマンド・マリーンには「沈黙」という文化がある。テロ対策、人質救出、情報収集・・・。作戦中の彼らの画像は僅かしか存在しない。マリでは、仏軍介入の初期段階で、彼らの一部が最前線にて何百人ものテロリストと対峙していた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    彼らは最も必要とされる部隊の一つである。ちょうど1年前、フランス海軍は新たなコマンド部隊の創設を決定した。「第7」である。その名を「コマンド・ポンシャルディエー」と言う。海上強襲、モーターボート戦闘、そして空路潜入・・・。彼らは海軍特殊部隊装備のスペシャリストである。

    このたび特別に、国防ニュース取材班は匿名の条件のもと、3名の兵士の取材を許可された。彼らの仮名を「ダヴィ」、「ヤニック」、「ミルコ」とする。取材班は彼らと訓練を共にし、彼らの証言を集めることに成功した。特殊作戦のプロ達との遭遇である。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201611

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop