NEWS

フランス海軍特殊部隊 第7コマンド・マリーン

海外軍事 Comments(0)
彼らの活動について語られることは稀だ。コマンド・マリーンには「沈黙」という文化がある。テロ対策、人質救出、情報収集・・・。作戦中の彼らの画像は僅かしか存在しない。マリでは、仏軍介入の初期段階で、彼らの一部が最前線にて何百人ものテロリストと対峙していた。
彼らは最も必要とされる部隊の一つである。ちょうど1年前、フランス海軍は新たなコマンド部隊の創設を決定した。「第7」である。その名を「コマンド・ポンシャルディエー」と言う。海上強襲、モーターボート戦闘、そして空路潜入・・・。彼らは海軍特殊部隊装備のスペシャリストである。

このたび特別に、国防ニュース取材班は匿名の条件のもと、3名の兵士の取材を許可された。彼らの仮名を「ダヴィ」、「ヤニック」、「ミルコ」とする。取材班は彼らと訓練を共にし、彼らの証言を集めることに成功した。特殊作戦のプロ達との遭遇である。

Text: ムッシュ・コナギ - FM201611

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop