NEWS

フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し

海外軍事 Comments(0)

Photo from French Ministry of Armed Forces
This photo is for illustrative purposes only.
フランス軍特殊部隊がイエメンの地を踏み展開していることが分かった。国内紙フィガロが報じている。ロイター通信によると、国会議員1名から軍特殊部隊の展開を裏付ける証言を得ている。
イエメンでは、米国の同盟国でありスンニ派の大国であるサウジアラビアを筆頭に、クエートなど11ヶ国が「連合軍」を形成してフーシ(Houthi)を攻撃。一方、シーア派のイランやヒズボラが、同じシーア派系列のフーシを支援し、「サウジ v.s. イラン (アラブ v.s. ペルシャ) 」の代理戦争となって激化。

フランスは米・英と共にアラブ連合を後押しし、サウジアラビアとUAEに対して武器の提供をおこなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop