NEWS

アメリカ政府、陸軍の新制式ハンドガン選定におけるグロックのクレームを棄却

海外軍事
先日コンペが終了した新制式ハンドガン「XM17」の選定プロセスに瑕疵があったとするグロック社の申し立てについて、アメリカ政府会計検査院はこれを棄却すると発表した。

グロック社は契約条件の解釈の食い違いと、そして選定プロセス自体にクレームを申し立てていたが、いずれも却下された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    これでシグ社のハンドガンは計10年間、5億8千万ドル(約645億円)という長期・巨額の契約の第1歩を踏み出したことになるが、新装備は採用されてから生産と配備に長い時間がかかるのは、軍に限ったことではない。その間に決定的な不具合が明らかになる可能性もある。また「大逆転」を狙って様々な政治的な動きもみられており、前途はまだまだ多難といえそうだ。

    「P320ピストルには当社の特許が無断で使用されている」ステアーが米陸軍のM17に決まったシグを相手に提訴 - ミリブロNews
    アメリカ移民・税関執行局の新制式拳銃SIG P320採用のプロセスに疑惑の噂 - ミリブロNews

    Source: Government rejects Glock protest; Army's new handgun will be a Sig Sauer

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    Handl Defense社 HK417にSR-25・M110の弾倉を使えるようにするアダプタを開発
    銃剣とアンダーバレルグレネードランチャーを同時に使用できるようになるバヨネットアダプタ
    デンマーク軍が70年越しで「m/49」SIG P210に替わる新制式ピストルのトライアルを開始
    コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」
    米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     Handl Defense社 HK417にSR-25・M110の弾倉を使えるようにするアダプタを開発 (2017-12-18 19:37)
     銃剣とアンダーバレルグレネードランチャーを同時に使用できるようになるバヨネットアダプタ (2017-12-18 19:27)
     デンマーク軍が70年越しで「m/49」SIG P210に替わる新制式ピストルのトライアルを開始 (2017-12-18 15:21)
     コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」 (2017-12-14 14:25)
     米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手 (2017-12-13 16:08)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop