NEWS

ドイツ陸軍特殊部隊KSKが大量破壊兵器の拡散を防ぐ架空シナリオ訓練に参加

海外軍事
ドイツ連邦軍(Bundeswehr)が、大量破壊兵器の拡散を防ぐことを想定した演習の模様を公開した。

「断固たる解決策(Resolute Solution)」と名付けられたこの演習には、陸軍特殊部隊のKSK(Kommando Spezialkräfte)が参加。特殊部隊コマンド隷下の実動部隊と、生物・化学・核・放射能兵器の対処に当たる「ABC防衛」による初の統合訓練だとしている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    訓練は、化学兵器工場と化した旧農薬生産施設をKSKメンバーが襲撃するという架空シナリオに基づきおこなわれている。

    映像の前半部分では、視野の広いGPNVG(Ground Panoramic Night Vision Goggle)を装着したコンバットヘルメット、ガスマスク、アーマープレートキャリア、迷彩効果を高めたスプレー塗装済のG36ライフルといった装備が確認できる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開
    元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催
    「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」
    ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表
    陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」
    マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開 (2017-09-19 19:15)
     元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 (2017-09-16 20:41)
     「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」 (2017-09-15 17:30)
     ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表 (2017-09-14 16:51)
     陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」 (2017-09-14 12:47)
     マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定 (2017-09-13 17:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop