NEWS

ドイツの G36 小銃リプレイス計画は頓挫?フォン・デア・ライエン国防大臣の計画は暗礁に

海外軍事

Foto: Bundeswehr/ M.Baehr
Image is for illustration purposes only.
万策は尽きるのか―。
「このままでは我がドイツ連邦軍 (Bundeswehr) に未来が無い」「2019 年までに新小銃を配備する」と意気込んでいたドイツのウルズラ・フォン・デア・ライエン (Ursula Gertrud von der Leyen) 国防大臣だったが、ここに来て新小銃へのリプレイス計画に暗雲が立ち込めているようだ。

関連記事:
ヘッケラー&コッホ社がドイツ連邦軍向け「G36 ライフル」の補償をめぐる政府との裁判に勝利

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    シュツットガルトの地元紙は、「G36 は更に長く使用される必要がある」とし、フォン・デア・ライエン国防大臣の計画について、「現実的に無理がある」としてそれを否定。有識者らによると、どれだけ頑張っても 2021 年が最速と見積もられている模様で、フォン・デア・ライエン国防大臣も当初の計画を諦めてしまったとも報じている。

    独シュピーゲル紙のスクープにより、連射した後の加熱した状態では、G36 自動小銃の命中精度が極端に落ちるということが報じられて以来、裁判を伴う大きなスキャンダルと発展したこの件。

    政府側が「欠陥小銃だ」とする一方で、裁判所は「ヘッケラー&コッホ (Heckler & Koch) 社が提供した製品は購入契約に定められた基準仕様を満たしている」「1996 年から現在に至るまでに、様々な環境に向けて必要であったにもかかわらず、政府は一貫して同じ仕様の G36 ライフルを求めてきた」などの理由を挙げて、「政府はメーカーである HK 社からの補償を求める権利を持っていない」とする判決を下している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop