ギネスブックに掲載された世界最小サイズのAK-47は全長0.9㎜

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Kalashnikov Concern
カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)が公式フェイスブックにおいて、顕微鏡を必要とするほど小さなAK-47を示す1枚の写真を紹介した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    2013年5月に初披露されたこの小さなAK-47は、ギネスブックに掲載されている世界最小サイズ。その全長は僅かに1㎜にも満たず「0.9 mm」ながらも、12の独立したパーツで構成されており、精緻にその形状を再現している。

    この道30年、他にも幾つかの世界最小記録を保有するアナトリー・コネンコ(Anatoly Konenko)氏による作品で、製作に当たっては2ヶ月を要している。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開
    東海地区最大級で快適設備を持つアウトドアサバゲーフィールド「青空ハッスル」
    新製品が大量に発表! 「東京マルイフェスティバル 4th」詳細レポート
    速報:第4回「マルフェス」でガスブロ版89式小銃、M45A1、スコーピオンMod.M、MTR16、PPCが新登場
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
     東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開 (2017-11-14 10:12)
     東海地区最大級で快適設備を持つアウトドアサバゲーフィールド「青空ハッスル」 (2017-11-13 17:53)
     新製品が大量に発表! 「東京マルイフェスティバル 4th」詳細レポート (2017-11-13 11:56)
     速報:第4回「マルフェス」でガスブロ版89式小銃、M45A1、スコーピオンMod.M、MTR16、PPCが新登場 (2017-11-11 11:22)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop