デブグル戦争アクションドラマ「シックス」セカンドシーズンのロケ地はカナダ・バンクーバー

映画・テレビ

Image from History
This image is for illustration purposes only.
セカンドシーズンへの突入が発表された、ヒストリーチャンネルの戦争アクションドラマシリーズ「シックス(SIX)」。次のロケ地が、これまでの米ノースカロライナ州ウィルミントンから、合衆国を左斜め上に横断し、カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーに移ることが明らかとなった。

関連記事:
デブグル戦争アクションドラマシリーズ「シックス」のセカンドシーズン製作が発表
ファーストシーズンのお膝元、地元紙・スターニュースによると、EUE/スクリーン・ジェムズ・スタジオのビル・ヴァッサー(Bill Vassar)上級副社長が3月31日に明らかにしており、同日付で出演者の1人である俳優のカイル・シュミット(Kyle Schmid)氏も記者の記事をリツイートする形で追認している。

また、ウィルミントンの地元映画情報サイトによると、製作サイドはウィルミントンでの撮影に名残り惜しさを抱くものの、セカンドシーズンの製作を見据えた方向性において、「北」を目指す必要があったことに言及。次回作への期待と共に、製作スタッフらを見送ったことが伝えられている。

シーズン1では、海軍特殊部隊SEALの最精鋭チーム「ST6(SEAL Team 6, a.k.a. "DevGru")が、テロリストを追ってアフガニスタンに展開し、過激派組織のボコ・ハラムによって拘束・人質となった、元チームリーダーを奪還するための戦闘を描いている。

バンクーバーでの撮影が、次回作のストーリーとどの程度の関連性があるのかや、具体的なロケーションについては今のところ未発表となっている。

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
Netflixオリジナル戦争映画「Sand Castle」の本編クリップが公開
英陸軍特殊部隊・SASが初めて公式デビューした「駐英イラン大使館占拠事件」を描く映画『6 Days』
映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」クリス&レオンと共に戦う対バイオテロ部隊:BSAAメンバー解禁
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 Netflixオリジナル戦争映画「Sand Castle」の本編クリップが公開 (2017-04-20 13:02)
 英陸軍特殊部隊・SASが初めて公式デビューした「駐英イラン大使館占拠事件」を描く映画『6 Days』 (2017-04-14 17:26)
 映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」クリス&レオンと共に戦う対バイオテロ部隊:BSAAメンバー解禁 (2017-04-10 18:15)
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop