NEWS

『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける

海外軍事
悪党が潜む建屋へ急襲部隊が突入を試みる際、施錠されたドアの突破が必要不可欠となる。オランダ、北ブラバント州ラームスドンクヴェールに本社を構えるホルマトロ(Holmatro)社が開発した新製品、『ドアブラスターHDB 90ST(Door Blaster HDB 90 ST)』を使えば、旧来の爆破ブリーチング並みに素早く、そして静かに突入が可能だ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Holmatro
    ブリ―チャーはまず、ドアの横幅に合わせて本体を仕掛ける。本体重量は10.8キログラムと軽量で、専用パックにより隊員1名での運搬が可能。パック外周にはパルス・ウェビングを配しているため、各種ポーチ類の取り付けもおこなえる。

    全長は76~123センチメートルまで伸縮がおこなえ、多くのドア幅に対応できる。また、パックに内蔵されたポンプは小型ながらもパワフルな設計となり、横方向に突っ張る力として5.2トン、ドアを押し出す力として3.9トンを生み出している。

    加えて遠隔操作にも対応していることと、爆薬不使用であることからも飛散物を生み出さない。そのため、二次被害の危険性が無く、敵に気付かれるリスクを抑えて静かに突入できる。ドアオープンが成功すれば、ブリ―チャーの遠隔操作によって本体を落下させることができ、アサルターの円滑なエントリーにも貢献している。

    ホルマトロ社によると、「ドアが開くまでの時間は僅か2秒足らずだ」と自信をみせている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ウクライナ国家警備隊が米国製RPG-7『PSRL-1』を導入。ドンバス最前線で実戦投入か
    米海兵隊が急を要して『スイッチブレード』を発注。初配備へ
    メキシコ向け不正輸出でH&K社が有力議員に贈賄か。政策番組が監査報告書を独占入手
    ブラジル・サンパウロ憲兵の特殊部隊用デューティーピストルに『Glock 22』が選定。5,000挺が供給予定
    アメリカ海軍水上戦センター・クレーン研究所が分解式狙撃銃を開発
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ウクライナ国家警備隊が米国製RPG-7『PSRL-1』を導入。ドンバス最前線で実戦投入か (2018-05-23 16:07)
     米海兵隊が急を要して『スイッチブレード』を発注。初配備へ (2018-05-23 13:36)
     メキシコ向け不正輸出でH&K社が有力議員に贈賄か。政策番組が監査報告書を独占入手 (2018-05-23 12:48)
     ブラジル・サンパウロ憲兵の特殊部隊用デューティーピストルに『Glock 22』が選定。5,000挺が供給予定 (2018-05-22 18:36)
     アメリカ海軍水上戦センター・クレーン研究所が分解式狙撃銃を開発 (2018-05-22 11:20)
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop