NEWS

『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける

海外軍事 Comments(0)
悪党が潜む建屋へ急襲部隊が突入を試みる際、施錠されたドアの突破が必要不可欠となる。オランダ、北ブラバント州ラームスドンクヴェールに本社を構えるホルマトロ(Holmatro)社が開発した新製品、『ドアブラスターHDB 90ST(Door Blaster HDB 90 ST)』を使えば、旧来の爆破ブリーチング並みに素早く、そして静かに突入が可能だ。

Photo from Holmatro
ブリ―チャーはまず、ドアの横幅に合わせて本体を仕掛ける。本体重量は10.8キログラムと軽量で、専用パックにより隊員1名での運搬が可能。パック外周にはパルス・ウェビングを配しているため、各種ポーチ類の取り付けもおこなえる。

全長は76~123センチメートルまで伸縮がおこなえ、多くのドア幅に対応できる。また、パックに内蔵されたポンプは小型ながらもパワフルな設計となり、横方向に突っ張る力として5.2トン、ドアを押し出す力として3.9トンを生み出している。

加えて遠隔操作にも対応していることと、爆薬不使用であることからも飛散物を生み出さない。そのため、二次被害の危険性が無く、敵に気付かれるリスクを抑えて静かに突入できる。ドアオープンが成功すれば、ブリ―チャーの遠隔操作によって本体を落下させることができ、アサルターの円滑なエントリーにも貢献している。

ホルマトロ社によると、「ドアが開くまでの時間は僅か2秒足らずだ」と自信をみせている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop