米軍ハンヴィーの民間向け「Cシリーズ」が中国市場でお披露目

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Humvee Export
4月21日から28日を会期として開催された上海国際自動車産業展示会の会場で、民間販売用の真新しいハンヴィー(Humvee or HMMWV: High-Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle)の「C(Civilian)シリーズ」がお披露目を迎えた。

2013年、製造元であるAMゼネラルが、ハンビー・エキスポート社(HUMVEE EXPORT LLC)と契約し、新たに民間向け「C」シリーズの生産準備を始めている。その後、2015年にCシリーズの組立を開始。Cシリーズは、ハンヴィーに関する長年の専門知識と市場ニーズを把握した集大成として位置付けられており、ハンビー・エキスポート社は、「世界中の消費者に向けて軍用車輌の代名詞的な存在であるハンヴィーの体験機会を提供する」と息巻いている。

また、スラントバック(Slant Back)のこの軍用車輌は、中国市場でのデビューの他、7月までにはアラブ首長国連邦での供給を開始する計画となっている。


Photo from Humvee Export


Photo from Humvee Export
気になる価格については、公式サイト上に掲載が無いものの、一報を記した海外のクルマ情報サイトによると、15万ドル(=約1,700万円)になりそうだ。なお、AMゼネラルが2012年10月末に発表したプレスリリースによると、Cシリーズのベースキットは6万ドル(=約623万円)が示されている。

1970年代後半にデザイン設計がおこなわれ、その後1980年代中盤よりデリバリー開始となったハンビーは、兵士らを乗せて各地の荒廃した戦地を駆け巡ってきた。兵員の輸送目的に限らず、救護型や対戦車武装をはじめとした各種武装搭載モデルなど、多くのバリエーションモデルを展開している。

ハンビーは、イラク侵攻時時にサダム・フセイン政権軍との戦いで有用な車輌であった一方で、軽量で装甲が薄かったことから、市街地・郊外でのパトロールの際に仕掛けられた強力な路傍爆弾に対しての脆弱性が浮き彫りになっていた。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop