NEWS

全身黒のコンバットウェアに「スカルマスク」がトレードマークのイラク陸軍特殊部隊「ゴールデンディヴィジョン」

海外軍事

Photo: ISOF GOLD official Instagram
イラク北部の主要都市、モースルでおこなわれている大規模な奪還作戦の中で、ひときわ目立つ「スカルマスク」を被った戦闘員集団。彼らこそ、ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) 討伐作戦において最前線に立ち、その快進撃の原動力ともなっているイラク陸軍特殊部隊の精鋭兵士たちだ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    陸軍の第 1 特殊作戦旅団 第 1 コマンド大隊に所属する通称「ゴールデン・ディヴィジョン (Golden Division) (ex-Golden Brigade, 前「黄金旅団」) 」と呼ばれる彼らは、黒い戦闘服に身を包み、不気味なガイコツのバラクラバ (目出し帽) やマスクを着用し、真っ黒の装甲ハンヴィーを乗り回している。


    Photo: ISOF GOLD official Instagram
    米軍のミック・ベドナレク (Mick Bednarek) 退役准将によると、ゴールデン・ディヴィジョンの隊員は、「米陸軍のレンジャー隊員と同じ訓練メニューをこなしている精鋭揃い」とのこと。

    モースル解放に向けて沸き立つ中、ゴールデン・ディヴィジョンの公式 FaceBook はその英雄的活躍を称えて人々が押し寄せ、現在までに 200 万人以上が「いいね!」を押している。

    ISOF GOLD official FaceBook
    https://www.facebook.com/ISOFGOLD/

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手 (2017-12-13 16:08)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop