NEWS

チェチェンに建設中の 国際特殊部隊訓練センター (ITCSF)

海外軍事
ITCSF (International Training Center for Special Forces) 国際特殊部隊訓練センターは、チェチェン共和国グルデメスに建設されているもので、まだ工事中の施設があるものの、実働している諸外国の軍・警察・民間軍事会社向けに特殊作戦の訓練を提供する施設である。

関連記事:
チェチェンに新たな特殊部隊用の訓練施設が建設

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    なお、今年9月に開催された国際軍事技術フォーラム「アルミヤ2016」において、同センターも出展しており、訓練センターのジオラマを公開している。

    Даниил Мартынов об участии в выставке "АРМИЯ-2016".
    このジオラマでは空港や輸送施設等、実際に特殊作戦が行われそうな環境を想定した様々な施設を建設し、特殊作戦向けの一大訓練センターとして稼働する予定であるようだ。

    同センター担当員によると、この国際特殊部隊訓練センターは最終的に400ヘクタールの面積となり、95の施設を整えロシア国防省や外務省や国家安全保障会議と同意した組織が訓練を受けるようになると発表している。特殊作戦による訓練の他にもスポーツ関連の訓練やイベント会場としても提供するとのコメントもあり、官民問わず使える施設ともアピールしているようだ。

    余談ではあるが、チェチェン共和国の特殊部隊員が、この訓練センターで訓練している画像や動画を、各種SNSに頻繁にアップロードし、広報活動に熱心であるのも特徴である。

    Text: WT83 - FM201610

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop